トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
02・03旬の魚、ベタ/ワカメ
spacer
spacer
spacer

◆ベタ

ベタとはアカシタビラメのことを言います。魚にしてはなかなかユニークな形をしている特長のある魚です。 ヨーロッパでは「魚の女王」と呼ばれるほど珍重され、中でもフランスでは舌平目の料理とはかかせない存在で、 バター焼きやムニエルなど高級料理です。温暖な地域に多く、浅海の砂泥底に住みます。牛の舌のように平たい体の意味で“ウシノシタ科”の魚になります。

◇食べ方

ベタは味は淡白ですが、砂泥底にすむため多少くさみがあることがあります。 それを消すためにバターや牛乳、ワイン、ハーブなどを塚使った洋風料理によく合います。クリームソース添え、ワイン蒸し、グラタン、フライなど様々な調理に利用されます。


◇栄養

ベタは白身で質の良いタンパク質です。ビタミンB1・B2も多く含んでいます。  また、ビタミンDは相当量、含まれています    

ベタ
ベタの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングベタのムニエル〜レモンソース〜

ベタのムニエル〜レモンソース〜

 ベタ:2枚
 塩胡椒:少々
 薄力粉:適宜
 小麦粉:適量
 オリーブオイル:大さじ1
 バター10g
 片栗粉:適量
☆レモン汁:大さじ4
☆バター:40g
 
 

 

1.

ベタは洗って水気を拭き取り、両面に塩コショウをして薄力粉を多めにまぶします。

2. フライパンを熱し、オリーブオイルとバターを入れ、バターが溶けたら1を中火で皮目から焼きます。
3. 2の両面がこんがりと焼けたらお皿に盛りつけます。
4. 3のフライパンに☆バターを入れ、バターが溶けたら☆レモン汁を加えひと煮立ちさせベタにかけたら出来上がりです。
 
spacer
spacer

◆ワカメ

根状の部分で岩などに固着して葉状部を水中に伸ばします。長さは2mにも達し、葉状部の主軸を中心に左右に広く伸びて大きく羽状に裂けています。 広がった葉の基部には、とても厚くなった葉状部がちぢまって折れ重なったような部分があります。 これは生殖細胞が集まっている部分でメカブ(和布蕪)と呼びます。海苔と同じく、古くから日本人に親しまれてきた海藻です。

◇食べ方

定番の味噌汁やスープの具としてはもちろん、サラダや酢の物、炒め物など幅広く料理されています。 新鮮なものは、お刺身としても食べられ、地域によっては天ぷらやしゃぶしゃぶなどにもするようです。



◇栄養

ビタミン、ミネラルなど栄養面でも優れています。 ワカメに微量に含まれるフコキサンチンは肥満予防効果があることが解明されています。



ワカメ
ワカメの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングワカメと玉ねぎのおかかマヨ醤油和え

ワカメと玉ねぎのおかかマヨ醤油和え

玉ねぎ:1/2玉
生わかめ:15g程度
マヨネーズ:大さじ1
醤油:小さじ1
すりごま:小さじ1
 かつおぶし:1g




 









1.

ワカメは食べやすい大きさに切っておきます。玉ねぎをスライスして水に10分さらします。

2. 1の玉ねぎの水気を絞って耐熱皿に並べ、マヨネーズ、醤油をかけてラップをし、電子レンジ600wで1分加熱します。
3. 2にワカメと残りの材料を入れて和えれば出来上がりです。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331