トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
4・5の旬の魚、初カツオ/キビナゴ
spacer
spacer
spacer

◆初カツオ

様々な地方名があり、稚魚は東日本では「コウナゴ」、西日本では「シンコ」と呼ばれています。
カツオはマグロなどと同じように、常に泳いでないと死んでしまいます。これは、他の魚が鰓蓋を動かして鰓に酸素を含んだ水を行き来させるのに対して、
カツオは鰓蓋を動かすことが出来ないので、泳ぐ事によって口から新鮮な水を鰓に流し込まなければ窒息してしまうからなんだそうです。
◇食べ方

初カツオは脂ののりが少なく、比較的あっさりとした味です。 お刺身やタタキが美味しいです。刺身などの残りを唐上げにしても美味しいです。 鰹節や生節にして、手でほぐしてツナのようにサラダにしても美味しいです。



◇栄養

DHA(ドコサヘキサエン酸)は脳の働きを活性化し、  EPA(エイコサペンタエン 酸)は血液をサラサラにする働きがあると言われています。  タウリンも豊富に含まれており、肝機能を高める働きがあるようです。

初カツオ
初カツオの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキング初カツオのタタキサラダ

初カツオのタタキサラダ

 初カツオのタタキ:1冊
 きゅうり:1本
 大根:7cm程度
 玉ねぎ:1/2個
 かいわれ菜:1パック
 ねぎ:適量
☆ポン酢:100cc
☆サラダ油:50ccbr> ☆砂糖:小さじ1/2
☆にんにく(チューブ):1〜2cm

 

1.

玉ねぎは薄くスライスします。キュウリと大根は細めの千切りにし、かいわれ菜は3cm程度に切ります。

2. 1の野菜を水にさらしておきます。
3. 初カツオのタタキを一口大に切ります。
4. 2の野菜の水気をよく切り、お皿に盛ります。その上に3を綺麗に並べます。
5. ☆の調味料をよく混ぜます。(お好みで一味等を足しても美味しいです)
6. 4の上から5のドレッシングをかけて、小口切りにしたネギを散らしたら出来上がりです。
 
spacer
spacer

◆キビナゴ

成魚は全長10cmほどで、体は前後に細長い円筒形で頭部が小さく口先は前方に尖っています。 外洋に面した水の綺麗な沿岸域を好んで、大きな群れを作って回遊しています。 寿命は半年から1年ほどで産卵前の春先から初夏が旬です。

◇食べ方

身が柔らかいので手開きにして、お刺身で食べるのが一番美味しいです。 鹿児島では、手開きにして菊の花をかたどって並べた刺身の菊花作りが有名です。 天ぷらやフライ、煮付けもいいし南蛮漬けや甘露煮などにも良いです。



◇栄養

骨ごと食べることで、カルシウムをたくさん摂れます。また、骨の生成に欠かせないリンも沢山含んでおり、それらの吸収を助ける働きがあるビタミンDも豊富です。 カルシウムは他にも精神を安定させる働きもあって、イライラの解消に役立ちます。鉄分を多く含んでいるので、貧血気味の方にはお勧めです。



キビナゴ
キビナゴの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングキビナゴ唐揚げ

キビナゴ唐揚げ

キビナゴ:1パック
塩:2つまみほど
小麦粉:大さじ1
パン粉:適量
油:適量





 









1.

きびなごを水洗いします。

2. ビニール袋にキビナゴ、お塩、小麦粉を入れてフリフリします。
3. 2にパン粉につけて、油で揚げます。
4. こんがりキツネ色になったら出来上がりです。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331