トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
12、1月の旬の魚、タカベ・ヤガラ
spacer
spacer
spacer

◆クロムツ

ムツ」の名前の由来は、「むつっこい」「むつい」など脂っぽいという意味の言葉がなまってムツになったといわれています。東北以南の近海で獲れます。 「ムツ」は背が黒く紫がかっています。腹は少し色が薄く銀色がかっていて大きいものだと60cmを超えるものもありますが、「クロムツ」はそこまで大きくならず、全体に茶色がかった黒い色をしています。市場では両者の区別はあまりされず、大きさで分けられているようです。

◇食べ方

非常に脂を多く含んだ高級魚です。クロムツとよく似た魚に「アカムツ」や「ノドクロ」などと呼ばれている赤い魚がありますが、一見クロムツの赤いバージョンのように見えて実は別のグループです。味や食感は非常に似ており、どちらも高値で取引されています。



◇栄養

クロムツは、必須アミノ酸をバランスよく含んでいる良質のたんぱく質が豊富に含まれています。脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。また、骨や歯を丈夫にし、イライラ解消を助ける働きがあります。

クロムツ
コウイカの旬:5月〜6月
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングクロムツのフライ

クロムツのムニエル

クロムツ:1匹
強力粉:適量

バター:10g
ニンニク:1片
バター:20g
しょうゆ:大さじ1

 

1.

黒ムツを3枚におろし、塩を振って30分臭みをとります。

2. 水気をふき取って、皮に2本切り込みを入れてから強力粉を全体に薄くまぶす。
3. ライパンにバターとニンニクを入れて熱し、皮目を下にして中火で焼き、 ひっくり返して弱火で火を通します。
4. 魚をお皿に盛りつけ、同じフライパンにバターとしょうゆを入れ温めてソースにします。
 
spacer
spacer

◆メヒカリ

メヒカリとは深海性で目が大きく、眼球が青く光って見えることからこの名で呼ばれています。一般に「メヒカリ」として流通しているものには「アオメエソ」、「マルアオメエソ」、「トモメヒカリ」など数種類があり、各地で大衆魚として親しまれています。マルアオメエソは千葉県の銚子沖から青森の間あたりで獲れ、アオメエソやトモメヒカリは相模湾から南アジアあたりまでで獲れるようです。

◇食べ方

大きさはキスぐらいで、身は白身でたいへん脂がのっています。天ぷらやフライなどの揚げ物にすると非常に美味しい。宮崎では、郷土料理としてしられ、、シシャモのような一夜干にもされています。



◇栄養

良質なタンパク質です。脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。また、骨や歯を丈夫にし、イライラ解消を助ける働きがあります。



メヒカリ
コウイカの旬:5月〜6月
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングメヒカリの唐揚げ

メヒカリのフライ

メヒカリ:10匹〜15匹
片栗粉:大さじ5 〜6
塩:適量
こしょう:少々

油:適量



 

[付け合わせ]
キャベツの千切りなど


1.

メヒカリはさっと洗い、キッチンペーパーで水気をしっかりとる。

2. 片栗粉に塩、こしょうを混ぜ合わせ、メヒカリにまぶす。
3. フライパンに油を1cmほどいれて油を熱したら、メヒカリを5匹ほどいれて片面ずつ揚げれば完成。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331