トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
3月の旬の魚、ヤリイカ・モンゴウイカ
spacer
spacer
spacer

◆ヤリイカ

水深100mを超える海に、日本列島(沖縄を除く)をぐるりと取り巻くように生息しています。スルメイカは“夏イカ”と呼ばれますが、本種は“冬イカ”とも呼ばれます。秋〜冬、春までが旬です。 全体に細長くヒレ(ツツイカ類では「ひれ」)とともに槍の穂先に見える。

◇食べ方

四角いえんぺらのイカ類では最も美味とされすこぶる美味です。多くは寿司だねや刺身として消費され、刺身は糸作りやイカそうめん、小さなもので作るイカめしも美味しいです。ヤリイカの子の煮付けは絶品です。



◇栄養

良質のタンパク質を多く含みます。タウリンが豊富で、コレステロール低下作用、視力向上、肝機能も高めてくれます。貧血に効果のある銅、発育促進に欠かせない亜鉛などもあります。

ヤリイカ
ヤリイカの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングヤリイカのいかめし

ヤリイカのいかめし

ヤリイカ(ややこぶり) :4はい
ごはん:1/2合
水:1/2カップ



調味料
しょうゆ:大さじ2
酒:大さじ2
砂糖:大さじ2
みりん:大さじ1

1.

いかはワタ、甲羅、目、口などを取り除き、足と胴に分けて、きれいに洗います。 足の先は切り落とし、残りを細かく切ります。

2. 調味料を全て合わせて、いかの胴と、細かく切った足を、5分煮ます。
3. お米に、細かく切った足の部分と煮汁適量を混ぜあわせ、胴に詰めて、つまようじで留めます。
4. 残りの煮汁を煮詰め、とろりとしたら、いかを鍋に戻して煮汁を絡ませます。
 
spacer
spacer

◆モンゴウイカ

胴の長さは30cmくらいになる大型のイカで、胴の表にキスマークのような紋があるのが特徴です。ハリイカやシリヤケに比べると漁獲量は少ない種類です。身はやわらかく、刺身が一番で、煮付け、天ぷら、木の芽あえなどにもされます。

◇食べ方

味は抜群によい。しかも外套長20センチ前後もあり歩留りもよく、お買得。味は甘く、旨味も強いが後味がほどよい。天ぷらにすると、身が厚いので中がジューシーで旨味が生に倍する。後味は甘く、すっきりと消えてくれる。他にはフライパンでソテーしたり、湯引きしても美味。



◇栄養

モンゴウイカは良質の蛋白質と共にタウリンが非常に多いので活力の源になります。ミネラルでは亜鉛が多いので味覚神経の活性化にも優れております。



モンゴウイカ
モンゴウイカの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングマグロ丼

モンゴウイカの天ぷら

モンゴウイカ : 1ぱい
塩:適量(ぬめり取り用)
小麦粉:適量
天ぷら粉:100g
水:160cc

 









1.

エンペラを身の方に引っ張るように外し、皮をとります。指を中に入れ軟甲もとります。

2. イカの腹を割り1枚に平らにしたら、塩を適当に振り、イカのぬめりをとり、流水で洗います。
3. キッチンペーパーで2の水気を拭き取り、ビニール袋の中に小麦粉とイカをいれ、粉を全体的にまぶします。
4. 天ぷら粉と水を入れよく混ぜた衣液に、イカをまとわせてから、高温の油で揚げ、カラッとすれば完成。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331