トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
12月の旬の魚、アンコウ・アコウダイ
spacer
spacer
spacer

◆アンコウ

体形はおたまじゃくし形で上下に扁平です。口が大きく、鋭い歯が不規則に並びます。体表は滑らかで腹面は白く、口の中も白いです。体が軟らかく、水から上げると形が定まりません。よく似たものにクツアンコウがありますが、舌の色が黒地に水玉模様です。



◇食べ方

肉は淡白な白身です。ちりなべがとても美味しく、肉のほかに卵巣や胃、皮なども調理されますが最も価値があるのは肝で「海のフォアグラ」とも言われます。唐揚げにしたり、肝ステーキなどが美味しいです。



◇栄養

アンコウは栄養価が非常に高く、コラーゲンやビタミンA、ビタミンEが多く含まれています。また、血圧やコレステロールの低下など生活習慣病予防になるタウリンが豊富に含まれています。


アンコウ
アンコウの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングあんこう鍋

あんこう鍋

あんこう切身:300g前後
塩:適量
水:1300〜1500ml(あれば昆布だし)
味噌:100〜150g
薄口醤油:100cc
みりん:100cc
酒:100cc
おろし生姜:一片


野菜

白菜:適量
長ネギ:適量
豆腐:適量
人参:適量
ぶなしめじ:適量
白滝:適量

1.

あんこうをザルに広げ、軽く塩をし30分以上置きます。

2. 鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰した湯に「あんこう」をさっととくぐらせ、表面が白くなるまで火を入れます。 ザルに上げ流水で冷やし、表面のヌメリを取ります。
3. 鍋に入れる野菜や豆腐などの具を食べやすいように、切ります。あん肝は軽く包丁でたたき、土鍋でからいりする。 水、味噌、顆粒だし、みりん、お酒、醤油などを加え味を調えます。
4. 生姜をくわえ、 湯引きした、あんこうや野菜、お豆腐の身を鍋に入れ火にかける。 アクをとって完成。
 
spacer
spacer

◆アコウダイ

メバルに似た体系で大型で全身が赤く、腹は色が薄くなっており腹膜は黒いです。 産卵期前の晩秋から冬にかけて味がよいとされます。 沖合いの深海底にすみ、小魚や甲殻類などを食べます。メヌケやアコウなどの総称で呼ばれることが多いです。

◇食べ方

煮付けや塩焼き、粕漬けが美味しいです。また、水分が多いので昆布締めにしてから刺身にもします。鍋物の具やグラタン、ブイヤベースに入れるなど様々な調理法があります。 身が崩れやすいので、煮付けたり、味噌や粕に漬けてから焼いたりすると、身が締まっておいしくなります。



◇栄養

アコウダイはビタミンB1が比較的多く含まれています。更に疲れのもとになる乳酸を分解する作用があるので疲労回復やストレスに効果があります。



アコウダイ
アコウダイの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングアコウダイの煮付け

アコウダイの煮付け

アコウダイ: 2匹
酒:お玉半分
水:お玉1杯
砂糖:小さじ1
醤油:お玉半分
生姜:1片

 









1.

フライパンに酒を入れ、沸騰させる。 水、砂糖、醤油、生姜を入れてふつふつしてきたところで魚を入れる。

2. アルミホイルで落し蓋をし、その上にフタをして10分程煮る。
3. 火を止め、フライ返しで魚を裏返して冷まして味をしみこませる。食べる前にあたためて完成。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331