トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
6月の旬の魚、イワシ・ドジョウ
spacer
spacer
spacer

◆イワシ

イワシは私たち日本人にはとても馴染みがあり、食卓に上ることが多い魚です。 スーパーなどでは一年を通して出回っているため旬を感じにくい魚ではありますが、実は夏に旬を迎える夏の魚なのです。日本で「イワシ」といえば、ニシン科のマイワシとウルメイワシ、カタクチイワシ科のカタクチイワシ計3種を指し、世界的な話題ではこれらの近縁種を指す。

 



◇食べ方

旬な魚であるイワシは、骨も身もとても柔らかく、小イワシなどはそのままから揚げにすれば骨ごと食べられます。また、すり身にしても美味しいです。新鮮なものは刺身や、煮魚や焼魚、フライになどお惣菜にしても美味しい魚です。



◇栄養

旬な魚イワシは栄養価がとても高くDHA、EPA、ビタミンB12、ビタミンD、カリウム、リン、亜鉛などを非常に多く含んでいます。



イワシ
イワシの旬:6月〜8月
spacer
spacer
spacer
今月のクッキング鰯の蒲焼き

鰯の蒲焼き

イワシ: 2〜4匹
小麦粉:適量
油:少々
山椒:適量

しょう油:大さじ2
砂糖:大さじ1〜2弱
みりん:大さじ2
酒:大さじ2
砂糖:大さじ2〜3
水溶き片栗粉:適量

1.

イワシを開き、水気を拭きます。イワシの両面に小麦粉もしくは片栗粉をまぶします。

2. フライパンに油を熱し、イワシを並べて両面にきれいな焼き色がつくまで焼きます。
3. フライパンの余分な油を拭き、合わせた調味料を入れ、煮詰めながらイワシにタレを絡めて完成。 お好みでネギや山椒をのせてください。
4.

完成した蒲焼はご飯をよそった丼に半熟卵の上にのせて蒲焼丼にしても美味です。

 
 
spacer
spacer

◆ドジョウ

体形は細長い筒形。口の回りに10本のひげがある。背面は黄褐色で、暗色の不規則で細かい斑紋がある。腹面は淡黄灰色。日本にはこのほかホトケドジョウ、フクドジョウなど、幾つかの種類があるが、あまり利用されず、市場で流通しているのは、ほとんどが本種と考えてよい。

◇食べ方

美味。柳川なべやどじょうなべが一般的。夏が美味で、冬のものは痩せていて旨くない。輸入品のほか、最近は養殖魚も出回っている。また、アジメドジョウは香りがよく骨も柔らかい。漁獲量が少ないので手に入りにくい高級魚である。



◇栄養

ドジョウにはビタミンD・良質なタンパク質」など豊富に含まれており、成人病や滋養強壮などの薬効があるとされております。また、カルシウムは魚の中で最も含まれており、ウナギの約9倍ほど含まれています。



ドジョウ
ドジョウの旬:4月〜8月
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングドジョウの唐揚げ

ドジョウの唐揚げ(一人分)

活ドジョウ: 100g
塩:適量

















1. ドジョウを塩で軽く揉んでヌメリを落とします。
2. 180℃の油にドジョウを投入します。油を切ってお皿に盛完成。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331