トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
5月の旬の魚、イシモチ・ヤマメ
spacer
spacer
spacer

◆イシモチ

眼の後方のえらぶたに黒い紋がある。尾びれの後縁が直接的になっている。キスと並ぶ投げ釣りの代表的な対象魚です。イシモチの名はニベ科の魚類は頭骨内にある石のような耳石(平衡石)が非常に大きく、特に目立つためついた。 また、別名を「シログチ」といい、 名称の由来は浮き袋がグーグーと言って、まるで愚痴を言っているように 感じられるところからきています。

 



◇食べ方

関東では塩焼きの魚として需要がある。 鮮魚として塩焼きにしたり、高級な練り物の原材料にもなる。本種から作られる蒲鉾、薩摩揚げなどは非常に美味。 白身で水分が多く、クセがありません。魚屋では定番の魚。



◇栄養

鮮度が低下しても筋肉タンパク質が安定しているため、かまぼこなどとして強い弾力を出します。



イシモチ・シログチ
サワラの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングイシモチの甘酢あんかけ

イシモチの甘酢あんかけ(三人分)

イシモチ: 3匹
塩コショウ:少々 小麦粉または片栗粉:適量
にんじん:1/2本
玉ねぎ:1/2個
ピーマン:2個
※他にも好みでインゲンやネギなど

<甘酢あん>
だし汁:150cc
塩:少々
しょうゆ:大さじ2
酢:大さじ2〜3
砂糖:大さじ2〜3
水溶き片栗粉:適量

1.

イシモチは内臓をとってきれいに洗ったら水気を拭き取り、身に切れ目を入れて小麦粉をまぶして フライパンで両面こんがり焼く。

2. 鍋に砂糖・醤油・水を煮立て、酢を入れ、 細切りにした野菜を入れて煮立てる。
最後に水溶き片栗粉でとろみをつける。
3.

油を熱して1を揚げて皿に盛ったら、2をかけて小口切りにしたネギをちらして完成。

 
 
spacer
spacer

◆ヤマメ

ヤマメは、サケ目サケ科に属する魚であるサクラマスのうち、海に下らずに、一生を河川で過ごす個体群のこと。背が青緑〜オリーブ色で、体側は淡緑灰色。腹は銀白色。上流域にすみ、水棲昆虫などを食べる。 2年魚でも全長は20cm程にしかならないが、ダム湖などに下り再び遡上してくるものは40cmに達するものもいる。



◇食べ方

塩焼が絶品。また、薫製、甘露煮などでも美味。 軽めに酢締めした切り身での山女寿司でも美味しい。寄生虫がいることがあるので生が食べないほうが安全。また、唐揚げや酢漬けなども美味しい。



◇栄養

ヤマメには生活習慣病の予防に効果のあるDHAやEPA、代謝や清澄を促進するビタミンB2などをバランスよく持ち、とくにカルシウムの吸収を促進するビタミンDが豊富に含まれている。



ヤマメ
アサリの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングイシモチの甘酢あんかけ

定番!ヤマメの塩焼き(一人分)

ヤマメ: 1匹
塩:適量

















1. マメはハラワタを出し、頭、尾に多く塩をまぶします。
2. 竹の串にさして、時間をかけて焼けば完成。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331