トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
8月の旬の魚、ケンサキイカ・ニギス
spacer
spacer
spacer

◆ケンサキイカ

胴は細長く、ヤリイカより若干太いです。ひれを広げると、前後に長いひし型で、前端は胴の中央を少し超えます。九州などの南日本に多く、初夏の産卵期には岸近くに寄ってきます。青森県以南に広く分布。とくに九州西岸、五島周辺に豊富。 全分布域で顕著な多形現象。 日本海西部のブドウイカもその一つ。生きている時は透明感のある体色をしていて、環境や感情により体色をめまぐるしく変える。



◇食べ方
他の種類のイカ同様、応用範囲が広い食材です。新鮮なものは刺身で食べると美味。透明な身を食べると口の中に甘みが広がります。その他にも天ぷらや煮付も美味しいです。 五島は古くから本種の好漁場として知られ、ゴトウイカの別名があります。とても美味しく、刺身や寿司だねに使われます。するめに加工されたものは「五島するめ」の名で知られる高級品です。


◇栄養
アミノ酸、旨味成分はイカのなかでアオリイカに次いで多い。また、低脂肪・低カロリー・高たんぱくでダイエットに向いている。その他、糖尿病などの心配がある方にもオススメの食品。タウリンが豊富に含まれ、血中コレステロールを下げたり、中性脂肪を減らしたり、血圧を正常に保つ働きがあり、糖尿病など肥満の病気にならないための健康維持に役立つ。


ケンサキイカ
カツオの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングアイナメの煮付

イカチリ 【材料・2人分】

インサキイカ:1杯
白ねぎ:1〜2本
土ショウガ:2片

<煮汁>
酒:100cc
水:150ml
みりん:大さじ3
砂糖:大さじ2
しょうゆ:大さじ3

 

1.

イカはお好みの大きさに切り、酒・塩コショウをふり、片栗粉をまぶします。 切り分けたイカをさっと湯通ししてください

2. 鍋に<煮汁>を入れて強火にかける。煮立ったら土ショウガ、カレイの黒い皮側を上にして並べ入れる。
3.

再び中火にかけ、温める程度に火を入れる。煮汁が少ない時は酒を加えて下さい。

4.

器に盛り合わせ、煮汁を掛ける。

 
spacer
spacer

◆ニギス
ニギス(似鱚、似義須)はニギス目ニギス科に属する海水魚。 日本海及び福島県以南の太平洋沿岸に分布する。名前の由来は沿岸の浅場にいるシロギスに似ているため。底曳網による漁獲のため、8月は、盆過ぎに休漁期が明ける沖合底曳網でわずかに漁獲される程度。9月に入ると小型底曳網を中心にまとまった漁獲がみられる。

◇食べ方
天ぷら、 干物、煮つけ、酢締め・酢漬け(刺身)、すり身(だんご、薩摩揚げ)など。白身でまったくクセのない魚。脂に独特の風味がある。脂ののった時期には生食、焼き物などにしても美味。 やや水分が多いので干物にしてよりうまい。 また、天ぷらはシロギスより独特の風味があって美味。

◇栄養
目脂質が少なく、タンパク質や鉄分が豊富に含まれます。また、利尿作用のあるカリウムなども含みます



ニギス
ハモの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングアイナメの煮付

ニギスの天ぷら 【材料・2人分】

ニギス(天ぷら用): 8尾
塩(キスを洗う用): 少々
ししとう:8本

<衣>
小麦粉...1カップ
片栗粉...大さじ2
卵黄...1個
冷水...2/3〜1カップ

<天つゆ>
だし汁...200ml
みりん...大さじ3
砂糖...小さじ2
しょうゆ...大さじ3
大根おろし...1カップ
おろし土しょうが...1片分
揚げ油...適量









1. キスは塩水でやさしく洗い、水気を拭き取る。
2. 揚げ油を160℃に予熱し、具に薄く小麦粉をからめる。
3. キスやししとうに<衣>をサッと通し、160℃の揚げ油でゆっくりと揚げる。揚げ色がついたら取り出して油を切る。
4. 器に敷き紙を敷いて天ぷらを盛り合わせる。器に<天つゆ>を張り、大根おろし、おろし土ショウガをのせる。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331