トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
8月の旬の魚、タイワンガザミ・シジミ
spacer
spacer
spacer

◆タイワンガザミ

ワタリガニ科のカニの特徴として、脚が櫂のような形状をしており、水中を自由に泳ぐことが出来る。 雌は 「ガザミ」 と良く似るが、「タイワンガザミ」 には、額には4本の棘があり、また、はさみ脚長節の前縁に3本の棘状突起があるので見分けられる。ゴカイ等を食べる為、キスや、カレイ釣りをしていると外道として掛かる事がある。 ワタリガニ科のカニを総称して ”渡り蟹” と呼ばれるが、この名の由来は、かなりの距離を泳いで移動する (渡る) 事からこの名がついた。 漁港内で泳いでる姿を良く見かけます。

◇食べ方
キュッと締まってツルンと滑らかな身がガザミならではの食感です。食べ方はガザミと同様だが、東南アジアでは焼いて食べることが多い。また、味噌汁や塩ゆでにしてもおいしく頂けます。

◇栄養
カニの肉にはアミノ酸の一種のタウリンは豊富に含まれています。ワタリガニなどのように亜鉛や銅を豊富に含む種類もあって、貧血防止、強性や味覚障害の矯正に有効です。甲羅に含まれるキチン(多糖類)とキトサンも血中コレステロールの上昇を防ぎ、アレルギーなどの体質改善の促進や抗菌作用も注目されています。


タイワンガザミ
カツオの旬
spacer
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングタイワンガザミのトマトクリームパスタ

タイワンガザミのトマトクリームパスタ 【材料・2人分】

パスタ:2人分
唐辛子 :少々
にんにく:少々
オリーブオイル:少々
白ワイン:150cc
トマト缶:1缶
タイワンガザミ:2はい
生クリーム:50cc
※クレイジーソルト、塩コショウ、バジルやローリエ等お好みで

[調味料]
水:カップ2
しょうゆ:小さじ1
みりん:小さじ1


1.

1.ワタリガニをハサミ等で適当な大きさに切ります。

2.

オリーブオイルにニンニク・タカノツメで香りをつけてワタリガニを炒め色が変わってきたら白ワイン・トマト缶・ローリエ(一枚)を入れ煮詰める。

3.

パスタを茹で、[2]の仕上げに生クリームを入れクレイジーソルト・塩コショウ・バジルで味を調え 茹でたパスタとあえる。

3.

お好みでパルメザンチーズやパセリ等をかけて完成。

 
spacer
spacer

◆シジミ
シジミ(蜆)は、マルスダレガイ目 シジミ科に属する二枚貝の総称。淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝である。通常目にする二枚貝のうちでは小型なので「縮み」が転じて名づけられたとする説がある。関東圏で最も売られているのは大和シジミです。黒か褐色で光沢があり、殻の内側は白色です。島根県の宍道湖、青森県の十三湖、千葉県の利根川河口が有名。

◇食べ方
味噌汁の具に利用される二枚貝としては、アサリと並んで日本人に最も馴染み深いものである。佃煮・時雨煮などにもされる。うま味成分の一種であるコハク酸を豊富に含んでおり、江戸時代の昔より肝臓に良い食材とされている。俗に、「シジミの味噌汁は二日酔いに効く」と言われている。そのため、酒を飲んだ翌日の朝食に味噌汁にして食べる習慣のある家庭が存在する。

◇栄養
シジミは人のカラダに必要な理想的なたんぱく質を多く含んでいます。このおかげで肝臓の機能を活性化させることが出来、貧血や二日酔いなどにも効果を発揮するようです。また、シジミは貝類の中で最も多くコハク酸を含んでいます。コハク酸にはコレステロールを抑える効果もあり、【味良く、体に良し】と、なかなかの優れものの貝です。



シジミ
ハモの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングハモの吸い物

シジミの時雨煮 【材料・4人分】

シジミ(剥き身): 1kg
酒:100cc
みりん:大さじ5
砂糖:大さじ5
醤油:大さじ5
生姜:1/2個

 









1.

鍋に酒、みりん、醤油、砂糖を入れる。※味の好みで調味料の分量を変えて下さい。

2. しょうがを細いせん切りにする。
3. 鍋に火をつけ、沸騰してきたらすこしづつ剥き身を入れる。しょうがもまんべんなく散らす。入れ終わったら落し蓋をしてしばらく煮詰めれば完成。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331