トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
2月の旬の魚、タラ・キンメダイ
spacer
spacer
spacer

◆タラ

冬の鍋の食材として欠かせないタラ。漢字で「鱈」と書くように、冬を代表する魚である。日本でタラと呼ばれる種類には、マダラ、スケトウダラ、コマイなどがあるが、北海道沿岸と北陸ではスケトウダラを、その他の地域ではマダラを指すことが多い。スケトウダラの卵巣を塩蔵したものがタラコ、タラコを唐辛子で調理したものがメンタイコ。マダラの卵巣は「真子(まこ)」と呼ばれている。

◇食べ方
冬といえば「鍋」。 白身は淡白な味でやわらかく、鍋の主役にもできます。 また、チリ蒸し、煮付け、照り焼き、ホイル焼き、ブイヤベース、フライなどにも最適です。「タラコ」は、タラの一種であるスケトウダラの卵巣を塩漬けにしたものです。スケトウダラの事を別名「めんたい」と呼ぶことから、スケトウダラの卵巣の塩漬けを「明太子(めんたいこ)」と呼ぶようになりました。


◇栄養

タラにはビタミンA・ビタミンD・低脂肪・ビタミンB1・B2・タンパク質が含まれています。カルシウムやリンの吸収を高める。

タラ
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングクルマエビのクリーム煮

クルマエビのクリーム煮 【材料・4人分】

たら :4切れ
卵:4コ
たまねぎ:1/4コ
パセリ:1枝

A
マヨネーズ:大さじ4
塩:小さじ1/4
こしょう:少々
塩:少々
こしょう:少々




1.

たらは両面に軽く塩・こしょうをする。

2.

卵は固ゆでにして粗く刻み、たまねぎ・パセリはみじん切りにする。

3.

(2)をAで調味する。

4.

耐熱皿に(1)をのせて上に(3)をかけ、オーブントースターで10分焼く。

 
spacer
spacer

◆キンメダイ
特徴は何と言ってもその色、鮮やかな鮮紅色。眼はとても大きく金色に輝いています。体は側扁していますが体高は真鯛ほどなく、スマートで尾の付け根が締まっています。そして尾ビレは鋭角に切れ込む長目の二叉状です。口と胸ビレが大きいのも目立ちます。とても美しい姿です。でも、海の中で泳いでいるときはこのような鮮やかな赤ではなく、淡い赤だそうです。

◇食べ方
キンメダイの脂はさらっとしていて実に旨いです。脂ののったものならどう料理しても旨いのですが、何と言っても刺身と煮付け、そして、寄せ鍋、しゃぶしゃぶ、ムニエル、空揚げにして甘酢あんかけ、蒸し物、味噌漬け、粕漬け等もいいですよ。頭やあらからは良いダシが出るので、ブイヤベースにも向いています。


◇栄養
キンメダイには、たんぱく質や脂質やミネラルが他の白身魚にくらべて豊富に含まれています。その他にもリンや貧血等の防止になる鉄分、疲労回復に効果があるビタミンB1、細胞再生や成長促進などに役立つビタミンB2などを含む栄養価の高い魚です。
キンメダイ
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングイセエビの磯部揚げ

キンメダイの兜煮 【材料・4人分】

キンメダイ: 1尾
生姜:少々
酒:200cc
醤油:50cc
みりん:50cc
砂糖:大さじ1弱


 









1.

キンメダイのウロコと頭を落として縦割りにする。

2. 鍋に酒、みりんを注いで火にかけ、沸騰したら砂糖と醤油を加え、最後にキンメの頭を入れて落としブタをする。
3.

このまま中火で15分煮付けて完成。万能ねぎを散らしてどうぞ。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331