トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
spacer
spacer
spacer

◆うなぎ
土用の丑の日といえば、うなぎの蒲焼きがおなじみ。うなぎには天然ものと養殖のものとがあって、当然天然の方が値段も高いが、天然のほうが必ず美味い…というわけではない。うなぎの養殖は卵から育てるわけではなく、捕まえた稚魚をある程度まで大きく育ててから養殖所に放す。つまり、育った環境が違うだけとも言える。天然ウナギは身がひきしまっており、養殖のウナギは脂ののりがよく身もやわらかい、など各自の良い点がある。

◇食べ方
うなぎは蒲焼きやせいろ蒸しだけでなく、刻んだ蒲焼きをご飯に混ぜるうなめし、ひつまぶしのような食べ方がある。また、お茶づけにしてうな茶づけとして食べたり、うなぎの骨をカリカリに揚げて食べると食感もよく美味しい。


◇栄養
うなぎには、カルシウムやビタミンA、Eなどの栄養が豊富で、夏場の栄養補給にもピッタリ。天然・養殖に関係なく、おいしいうなぎを食べて夏をのりきろう!

ウナギ
ウナギの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングウナギ丼

ウナギ丼 【材料・4人分】

ウナギの蒲焼き 大1本分
蒲焼きのタレ大2〜3
サラダ油少々
粉山椒適量

<卵焼き>
4
小1
みりん 小1
だし汁 大1









1. ウナギの蒲焼きは、頭を落とし3〜4等分に切る。〈卵焼き〉の材料を混ぜ合わせる。
2. 卵焼き器又はフライパンを中火にかけてサラダ油を薄く敷く。混ぜ合わせた材料を流し入れて菜ばしで軽く混ぜ、弱火にする。
3. フライパンを熱し、ウナギの蒲焼きの皮を下にして並べ、温める。又はよく焼いた焼き網にのせて軽く焼く。
4. 丼にご飯をよそい、蒲焼きのタレを掛け、卵をのせる。
5. 上にウナギの蒲焼きのタレをのせてタレを掛ける。お好みで粉山椒を掛ける。
spacer
spacer
spacer

◆ところてん
ところてんはテングサやオゴノリなどの海草類をゆでて溶かし、発生した寒天質を冷まして固めた食品。「天突き」と呼ばれる専門の器具を用いて、押し出しながら細い糸状(麺状)に切った形態が一般的である。

◇食べ方
全体の98〜99%が水分で、残りの成分のほとんどは多糖類(ガラクタン)である。にもかかわらず、表面はやや堅く、独特の食感がある。腸内で消化されないため栄養価はほとんどないが、食物繊維として整調効果がある。


◇栄養
ところてんは、食物繊維含有率が80%と食品のなかでトップで整調効果がある。
ところてん
ところてんの旬
spacer
spacer
spacer
今月のクッキングところてんサラダ

ところてんサラダ 【材料・4人分】

ところてん 120g
わかめ 15g
ツナ 大さじ1
めんつゆ 適量
ゴマ 適量















1. 市販のところてんをざるに上げて水切りをしておく。
2. 1にわかめ、ツナ、めんつゆをかける。
3. ゴマをふって完成。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331