トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
 
spacer
spacer
spacer

◆コチ(鯒)
体は細長く、上下に著しく扁平な魚です。漁獲量が少ないため、高級魚としても扱われています。照り込む程に味がよくなるといわれるこの魚を東京湾では「照りゴチ釣り」とよんで夏の風物詩になっています。旬は夏から仲秋ですが、年中おいしく食べるとこができます。

◇食べ方

コチの大きな顔の両頬にある丸い身は、コチの頬身といってその味は絶品といえる美味しさです。フグ刺のような薄造りの刺身(別名テッサミ)、天ぷら、ムニエルやフリッターなども美味しく、味噌汁に入れるといいダシが出ます。
◇栄養
コチは高蛋白で、皮膚や粘膜など肌の健康に欠かせないビタミンAとナイアシン、ミネラルのリン・カリウムが比較的多く含まれています。

 


コチ(鯒)
spacer
spacer
spacer
コチのみそ汁

コチのみそ汁 【材料・4人分】

コチ 1〜2匹
ネギ 半本
4.5カップ
米みそ 80g















1. コチはうろこを取り除き、頭と内臓を取り、4つのぶつ切りにします。
2. 沸騰した湯にコチを入れて火が通ったらあくを取りみそを溶いて加え、わんに入れます。
3. ネギを白髪ネギにして水にさらし、仕上げに添えます。
spacer
spacer
spacer

◆メゴチ(目鯒)・ネズミゴチ(鼠鯒)
東京、江戸前では「メゴチ」といえば天ぷらに使うネズミゴチのことです。 ネズッポ科には似たものが多く、市場や釣り人の間では同じものとして扱われることが多いです。 沿岸の波打ち際から水深100m程度の砂泥底にすみ、各種の底棲生物を食べています。

◇食べ方
肉は透明感のある美しい白身です。淡泊で味は上品。 本種の風味が強調される天ぷらは逸品で、魚類の天ぷらの中でも群を抜きます。 塩焼きや、煮付けなどもでも美味しくいただけます。

◇栄養
メゴチは高蛋白で、皮膚や粘膜など肌の健康に欠かせないビタミンAとナイアシン、ミネラルのリン・カリウムが比較的多く含まれています。

メゴチ(目鯒)・ネズミゴチ
spacer
spacer
spacer
メゴチの天ぷら

メゴチの天ぷら 【材料・4人分】

メゴチ 16個
小麦粉 1カップ
1個
しょうが 適量
かぼす 1/2個
天つゆ 適量















1. メゴチを松葉におろし、尾の先を少し切り落とし、縦に1か所切込みを入れる。
2. 小麦粉、卵、水をさっくりと混ぜて衣を準備する。
3. メゴチに薄く小麦粉をまぶし、その上に衣を付け、180度の油でカラッと揚げる。
4. 油を切り、皿に天ぷらを盛り付け、大根おろし、しょうがのおろしと天つゆを添える。かぼすを添えてできあがり。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331