トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
spacer
spacer
spacer

◆アナゴ
一般にアナゴと呼ばれているのはマアナゴのことです。漢字で“穴子”と書くアナゴは、日中は砂や泥の穴の中に潜り、夜になると泳ぎ回るという習性があります。また、近い仲間にはハモやウナギがいます。側線に白い点が規則正しく並んでいるので別名“ハカリメ(秤目)”とも呼ばれます。

◇食べ方
身は脂肪が多い魚です。新鮮なものをさばき、炊きあげて少しあぶってにぎりにするとふっくら柔らかくとても美味しいです。血液に毒があるので刺身には向きませんが、この毒は加熱すると分解します。湯引き、白焼き、天ぷらなど様々な料理法が楽しめます。

◇栄養
アナゴは脂質やビタミンAが多く含まれています。ビタミンAには汗腺や皮脂腺の働きを正常に保つ作用や、肌のカサつきやニキビなどトラブルを防ぐ効果があります。また、肌の老化を防ぐビタミンEも含まれています

spacer
spacer
spacer

アナゴのオリーブ揚げ 【材料・2人分】

アナゴ(開いたもの)2尾
少々
白ワイン大さじ1
コショウ少々
薄力粉適量
オリーブ油適量
ライム1/2個









1. アナゴはぬめりをとり、頭と尾を除き、縦半分に切りさらに5cm長さに切り、塩・コショウ・白ワインで下味をつけます。
2. (1)の水気をふき、薄力粉をまぶし、オリーブ油をたっぷりめに熱したフライパンで、こんがり色よく炒め揚げにします。
3. 揚げたてのアナゴを器に盛り、くし形切りのライムを添えます。
spacer
spacer
spacer

◆シジミ
シジミは大別すると真シジミ、瀬田シジミ、大和シジミに分けられます。真シジミと瀬田シジミは冬が旬で「寒シジミ」と呼ばれ、夏が旬の大和シジミは「土用シジミ」と呼ばれています。「土用シジミ」は“腹薬”と言われるように夏のシジミは胃腸を整え、夏バテに防止に用いられていました。水質のバロメーターであり、各種とも水質汚染により漁獲量は激減しています。

◇食べ方
とても美味しいダシ汁が出ます。味噌と合わせると肝臓機能が高められるので、みそ汁にするとよいです。清汁、柳川風、煮物、しじみご飯、かき揚げ、しぐれ煮など美味しく調理できます。

◇栄養
シジミはビタミンB2やB12、カルシウム、鉄が豊富に含まれています。また、必須アミノ酸の一種であるメチオニン、タウリンも含まれており、肉にはアラン、コハク酸が含まれ独特のうま味と香味があります。

spacer
spacer
spacer

ニンニクシジミ麺 【材料・4人分】

シジミ(殻付き) 400g
ニンニク 1粒
冷麦320g
だし汁6カップ

バター大さじ2
万能ネギ適量(小口切り)
紅ショウガ適量

A
みりん大さじ2
醤油大さじ5
小さじ1
コショウ少々









1. シジミは殻の汚れをよく洗い、水に浸して砂を吐かせます。ニンニクは皮をむいてすりおろします。
2. 冷麦は少し固めにゆで、水でもみ洗いしてザルにあげます。
3. 鍋に出し汁とシジミを入れ火にかけ、シジミの口が開いてきたら(A)とニンニクを加えます。
4. 器に(3)を注ぎ、あたためた(2)と万能ネギを散らし、バターと紅ショウガをのせます。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331