トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
中津の旬のお魚
spacer
spacer
spacer

◆古鯛(コタイ)
体形はタイ類に似ていますがイサキの仲間です。体表の色は青灰色で、顔と背に斜めの黒い帯が3本あります。また、背びれから尾びれにかけて不規則な黒点が多数あります。コショウダイ類の養魚は、成魚と異なった色をしていることで知られます。本種の場合、3cmまでは全身が黒く、胸びれと尾びれが白です。ふつう数十匹の小さな群れで泳いでいますが、ときに数十匹の大きな群れに出会うこともあります。

◇食べ方
小さくれも大きくても共に美味しい魚ですが、漁獲量はそう多くありません。新鮮なものは刺身にすると身の締まりが良く、美味しいです。また、塩焼きや揚げ物、煮付けやムニエルなど様々な調理を楽しめる魚です。

◇栄養
ビタミンAが豊富に含まれており、体の発育成長などに役立ちます。白身魚ですが脂肪含量は多いです。しかし、良質の不飽和脂肪酸が多くEPAやDHAなどが含まれており、成人病予防の働きが高いです。

spacer
spacer
spacer

鯛の炊き込みご飯 【材料・4人分】

鯛切り身 3〜4切れ
大さじ1
3合
昆布 10cm角1枚


合わせ調味料
大さじ2
薄口しょうゆ 大さじ1
だし 600ml位
木の芽 適量









1. 米は洗い、炊く30分以上前にザルに上げておく。グリルを温めておき、網に薄くサラダ油を塗っておく。鯛は両面に酒を振り掛け、振り塩をする。
2. 温めておいたグリル網に薄くサラダ油を塗り、鯛の皮側を上にして並べ、中火で6〜7分焼く。薄く焼き色が付けば、返して裏面も少し焼き、色が付く位まで4〜5分焼く。
3. 炊飯器に洗った米を入れ、<合わせ調味料>を加え、普通に炊くときの水量部分までだし汁を加える。昆布をのせてその上に焼いた鯛をのせ、普通に炊く。
4. 炊きあがれば昆布ごと皿に取り出し、鯛をほぐして骨をていねいに取り除き、身は炊飯器に戻して全体に混ぜ合わせる。4 器に鯛飯をよそい、木の芽を散らす。
spacer
spacer
spacer

◆カマス
体の断面は丸く、頭がとがったスマートな形をしています。口には鋭い歯がまばらに並び、背びれは2枚にわかれており、それぞれ黄色みをおびています。アカカマス、ヤマトカマス、オオカマス、オオメカマス、タイワンカマス、オニカマスなどいますが、日本でカマスと呼ぶのは大抵がアカカマスのことをさします。カマス類の中で最も美味で秋になると脂ものってきて更に美味しくなります。

◇食べ方
身が柔らかく「カマスの焼き食い一升飯」などと言われるように、塩焼きや一塩の干物になると上品な甘味のある味になり大変おいしい魚です。ほとんどの魚は大きさによって味が変化し、通常は中型が一番美味しいとされますが、カマスは大きいものほど美味しくなります。

◇栄養
ビタミンDが豊富に含まれてています。日本人に不足しがちのカルシウムの含有量も非常に多く、カツオの5倍もあり、骨粗しょう症の予防には抜群の効果があります。また、ストレスの解消効果も期待できます。

spacer
spacer
spacer

かますの干物 【材料・4人分】

かますの干物 4枚
ユズ 1個
甘酢ショウガ 適量
しょうゆ 適量
















1. 焼き網にサラダ油を薄く塗り、干物を並べ、200℃のオーブンで12〜15分位焼く。
2. に盛り付け、甘酢ショウガ、4等分に切ったゆずを添える。
spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331