トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆ベタとはアカシタビラメのことを言います。魚にしてはなかなかユニークな形をしている特長のある魚です。ヨーロッパでは「魚の女王」と呼ばれるほど珍重され、中でもフランスでは舌平目の料理とはかかせない存在で、バター焼きやムニエルなど高級料理です。温暖な地域に多く、浅海の砂泥底に住みます。牛の舌のように平たい体の意味で“ウシノシタ科”の魚になります。


ベタは味は淡白ですが、砂泥底にすむため多少くさみがあることがあります。それを消すためにバターや牛乳、ワイン、ハーブなどを塚使った洋風料理によく合います。ムニエルにするときも、下ごしらえする時に10分ほど牛乳にひたしておくとクセがとれて美味しく調理できます。煮付けも上品な味になります。佃煮にも合います。他にはクリームソース添えワイン蒸しグラタンフライなど様々な調理に利用されます。

ベタは白身で質の良いタンパク質です。ビタミンB1・B2も多く含んでいます。また、ビタミンDは相当量、含まれています。


 舌平目(ベタ)
の煮付け



 

【材料・4人分】

ベタ……2匹
醤油・みりん・水……各100ml


【作り方】



@

ベタの表と裏のうろこを取を包丁の背で取る。顔の部分は指でもこそげ落とせます。えらの部分に切り込みをいれ、内臓を取り出します。

A 流水でよく洗い流し、ペーパータオルなどで水気を取ります。
B

鍋にバター20gを溶かし、水気をきったじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、マッシュルームを中火で炒めます。玉ねぎがしんなりすれば、小麦粉を加え更に炒めます。

C

鍋に醤油・みりん・水を入れて5〜10分ほど煮ます。(魚の大きさによって加減して下さい。)

 
 
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331