トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆カキの殻は表面がフリル状にめくれ、棘化しています。日本近海には25種類ものカキが生息しているといわれますが売られているものは養殖が多いです。広島と宮城が主な生産地です。夏は身が痩せており、海も細菌が繁殖して食中毒が起こり易いためあまり食されません。しかし、12月〜2月はカキの旬となり、身も太り最高に美味しい季節です。

カキが最高に美味しい季節はグリコーゲンがたっぷりとなる12月〜2月です。鍋や焼きガキフライムニエル天ぷら牡蠣スープもいけます。そしてカキといえば!殻付きをそのまま焼いてレモンをかけていただきます。

カキには
「生食用」「加熱用」があります。生食は生で食べられるように洗浄しているので、その分少し旨味が逃げてしまいます。加熱する際には、「加熱用」カキを使うと旨味が濃く、おすすめです。調理法によって上手く使いわけましょう。

カキは海のミルクと言われるほど栄養価が高く、アミノ酸を18種類、ビタミンを10種類、ミネラルを10数種類、そのほかグリコーゲン不飽和脂肪酸などバランス良く含んでいます。タウリン亜鉛なども含み、古くから漢方薬としても利用されています。

,
 


 カキのシチュー


 

【材料・4人分】

餅カキ・大1パック
  塩・少々
ジャガイモ・2〜3個
玉ネギ・1〜1.5個
ニンジン・1/2本
マッシュルーム・1パック
冷凍グリンピース・大3
  塩・少々


【作り方】

牛乳・500〜600ml
バター・20g
小麦粉・大3
塩・小1
コショウ・少々




@

カキは塩少々でやさしくもみ、ザルに入れてボウルで振り洗いします。ざるに上げて水気を切り、熱湯でサッと上げてザルに上げておきます。

A じゃがいも、にんじん、玉ねぎは皮をむいて一口大に切り、じゃがいもは水に放ちます。マッシュルームは石づきを落とし、縦四つに切ります。冷凍グリーンピースは塩少々を入れた熱湯につけて柔らかく戻し、水気をきっておきます。

B 鍋にバター20gを溶かし、水気をきったじゃがいも、にんじん、玉ねぎ、マッシュルームを中火で炒めます。玉ねぎがしんなりすれば、小麦粉を加え更に炒めます。

C 全体に小麦粉がからまれば、牛乳を3〜4回に分けて加え、トロミが出るまで木ベラで混ぜながら約5〜6分火を入れます。塩小1、コショウ少々で味を調え、さらに5〜6分煮て、カキ、冷凍グリンピースを加え、煮立てば火を止める。器に盛り、お好みでコショウを掛ける。
 
 
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331