トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
なぜ夏の土用の丑の日にウナギが食べられるのでしょうか? 一説には江戸時代、平賀源内という発明家が売れない鰻屋のCMとして「本日は土用の丑」として宣伝したと伝えられています。ちなみにウナギは夏バテ解消によいと言われてます。白身魚ですが蛋白質20%、脂肪分21%と非常に多く、ビタミンB1、B2、Dも多いが、特にAが多量に含まれています。体力増強、強精食として、スタミナの必要な夏に適した魚です。土用の丑の日に鰻を食べる習慣は先人達の経験に基づいた生活の知恵である可能性もあります。ウナギ蒲焼が一般的ですが白焼きにしてわさび醤油で食べたり、う巻き肝吸い酢の物天ぷらうな茶づけにしても美味しくいただけます。


ウナギのオムライス

【材料・4人分】

ウナギの蒲焼…1尾分
ウナギのたれ…大さじ2
暖かいご飯…お茶碗4〜5膳
ゴマ油…小さじ2
キュウリ…1本
塩…少々

サヤインゲン…7〜8本
ゆでる塩…少々

【作り方】

実山椒小1〜2
4個
砂糖小4
塩コショウ少々
サラダ油少々
粉山椒適量
パセリ…適量





@

スズキは軽く塩・こしょうをふっておく。30cm四方のオーブン用の紙2枚を縦長にずらして重ね、手前の紙の上にすずきの一切れを皮めを下にしてのせる。もう一切れを、頭の向きを逆にして皮めを上にして重ねる。

A @の紙を手前からきっちりと硬く巻き、2枚のオーブン用の紙でしっかりと巻いて包む。両端を糸できつく縛り、さらに4か所くらい縛る。
B スズキを巻いた紙の表面に、はけでオリーブ油を薄く塗り、鍋に入れて蓋をし、中火にかける。途中転がしてまんべんなく火があたるようにしながら約20分間焼く。※中心に金串をさし、5分間おき唇にあてて温かければ火が通っている。
C アンチョビバターソースのバターを泡立て器でクリーム状に練る。残りのソースの材料を加え混ぜる。
D スズキを紙から出し、四等分にして皿に盛る。Cのソースをかける。
 
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331