トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「サケ」の名前の由来


鮭は昔もともとは「魚生」という魚だったようです。これは魚辺に生という漢字だったのですが、その漢字のイメージが生臭い魚という感じがするので、明治時代に鮭という名前に変わったといわれています。


その後の鮭という名は、「裂け」に由来しているといわれています。 ご存知のとおり、鮭の肉は箸でほぐすとすぐに裂けることから由来されています。




サケ
サケ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「キス」の名前の由来

 

キスは日本各地の海岸で見られ、そこから、キスは「岸」の変化した言葉だと考えられます。


「キスコ」や「キスゴ」と呼ばれ、現在でも全国各地で「キスゴ」と呼ばれています。 「キスコ」や「キスゴ」の「コ」や「ゴ」は名刺につく接尾語で、魚の場合は魚の総称として用いられることから、「岸の魚」の「キシコ」から、「キスゴ(キスコ)」、「キス」に変化したと思われます。



キス
キス
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331