トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「タコ」の名前の由来


「タコ」の語源は色々ありますが、「蛸」は本来はクモのことで、海に棲むクモという意味から「海蛸子」とあらわされ、それが省略されて蛸一字でタコと呼ぶようになったのだといわれています。


ちなみに、「イイダコ」の名前の由来は冬季に体内に米粒大の卵を300〜400個抱えることから。マダコの場合は小型の卵を十数万個産みます。




タコ
タコ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ウニ」の名前の由来

 

縄文弥生時代の遺跡からウニが発見されています。この当時、海(ウ)丹(ニ)と書いていましたが、丹とは赤いものを指す字でした。


つまり海にいる、赤い中身をしたものということで、雲丹(ウニ)となずけられました。 ウニとは表面が棘だらけでいがぐりのようなものを想像しますが、 中には棘がない形状のものもあります。 ヒトデやナマコも棘皮動物の仲間です。



ウニ
ウニ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331