トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「カタクチイワシ」の名前の由来


下あごが小さく、上あごが前方に突き出ているので片方の口しかないように見えることからこの名がついたそうです。


イワシの一種で、最大で全長18cm程度の小さな魚です。日本で最も漁獲量の多い魚で、稚魚は「シラス」として食用に多く漁獲されています。 傷みが早いので、煮干等の干物に利用されることが多いです。




カタクチイワシ
カタクチイワシ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「アコウダイ」の名前の由来

 

鯛に体形が似ていて、鮮やかな赤色の体色をしていることからこの名が付きました。


体調は30〜50cm程で、目が大きく背びれなどが鋭いトゲになっていて、水深500m前後に住んでいる深海魚です。 深海魚の為水圧により目が飛び出してしまう為、別名メヌケなどとも呼ばれています。



アコウダイ
アコウダイ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331