トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「スルメイカ」の名前の由来


スルメの語源は、墨を吐き群れる事から来る「スミムレ(墨・群れ)」が
「スミメ」を経て転訛したものと考えられています。


日本で鮮魚として出荷されるイカの中で最も安価であり、そのため、日本人にとっては最も馴染み深いイカです。 内臓と眼球を取り除き、天日などで干したものを「するめ(鯣)」と言いますが、 「するめ」はスルメイカに限っての呼称ではなく、高級とされるケンサキイカ、 もしくはヤリイカを「一番するめ」と呼び、スルメイカは「二番するめ」と呼ばれています。 日本では古代から朝廷への貢ぎ物としてスルメが奉じられてきており、 今日でも縁起の良い品であることに変わりは無く、祭儀にあたって用いられることが多いです。




スルメイカ
スルメイカ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「シジミ」の名前の由来

 

殻が小さく縮んでいるように見えることから「ちぢみ」が転じて「しじみ」になったといわれています。 漢字の「蜆」は、虫(小さなもの)+見(現れる)で、浅瀬に姿を現す小さな貝という意味だそうです。


淡水域や汽水域に生息する小型の二枚貝で、ヤマトシジミ、マシジミ、セタシジミなどいくつかの種類があり、 それらの総称となっています。 シジミと言えば真っ黒というイメージがありますが、 マシジミは比較的明るい色をしている物が多いです。また、泥底にいたものは黒く、 砂底にいたものは黒くならず明るい色をしています。これは、泥に含まれる成分によるもので、 砂にはあまり含まれていないために黒くならないのだそうです。



シジミ
シジミ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331