トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「アイナメ」の名前の由来


アイナメの名前の由来は、アユのように滑らかなので「アユナメ(鮎滑)」が転じたとする説。
アユに似ていることから、「アユナミ(鮎並)」が転じたとする説がある。

滑らかな魚は、アユとアイナメだけではないので「アユナメ(鮎滑)」の説は考えがたく、「アユナミ(鮎並)」の説が強い。

アユに似ているのは見た目の姿ではなく、アユのように縄張りを持つからか、アユのように早く泳ぐところからと考えられる、

「アユナミ」から「アイナメ」に転じたのは、魚を示す接続後「メ」が影響したのである。

一説には、「アイ」は「愛」、「ナ」は「の」、「メ」は魚名の語尾に付く語で、「愛の魚(賞賛すべき美味な魚)」の意味とも言われるが、魚の名は姿や生態から付くのが一般的で、味から付いた名であれば味を賞賛した文献が多く見られるはずなので考え難い。




アイナメ
アイナメ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「シシャモ」の名前の由来

 

シシャモは、アイヌ語で「susuham(ススハム・シュシュハム)」が変化した語。「susu(スス・シュシュ)」は「柳(川原の柳)」、「ham」は「葉」で、「柳の葉」を意味する。シシャモを漢字で「柳葉魚」と書くのも、「susuham」の意味から当てられたものである。

「柳の葉」が「シシャモ」を表すのは、散っていく柳の葉を哀れんだカムイを魚にしたというあいぬの伝説に由来する。
シシャモは漁獲高が激減し貴重な魚となっているため、「シシャモ」として出回っているものの多くは、「カラフトシシャモ(カペリン・キャペリン)」で、色・姿・味が全く異なる。



サンマ
シシャモ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331