トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「コウ(アンコウ)」の名前の由来


鮟と並べて「鮟鱇(アンコウ)」と読む。海底にへばり付くように住む魚「あんこう」に当てた文字である。鮟と鱇、安と康はどちらも「やすらか」と読み、安全と健康を表す文字。

また、「アンコウ」という名前の由来は諸説あるそうだ。「暗愚魚(あんぐ/愚かな、マヌケなという意)」からついたとする説、「赤魚(アカウオ)」から転化したとする説、「ヒキガエル」を指す千葉の方言である「アンゴオ」に由来するとする説などがある。

英名「fishing frog」は釣りをするカエル、「fishing toad」は釣りをするガマガエル、「angler fish」は釣りをする魚の意味で、和名の由来と同じように、その外観から呼名されたものと思われる。




アンコウ
コウ(アンコウ)
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ハマグリ」の名前の由来

 

「ハマグリ」という言葉は、浜辺にあり、栗と形が似ていることから「浜栗」と呼ばれたことに由来するとの説や、石ころをクリと呼ぶことから浜にある石のような貝との意でハマグリと称されたとの説などもある。後者の説はの方言でタカラガイ類をハマグリと呼ぶのにも通じる。

少年などが非行に走ることを「ぐれる」というが、この言葉はハマグリに由来する。江戸時代から使われるようになった。

ハマグリの貝殻は貝合わせという遊びにも使われるように、ペアになっている殻以外とはぴったりと形が合わないという性質を持っている。このことから、「はまぐり」の倒語として「ぐりはま」という言葉が生まれ、食い違って合わないことを意味するようになった。さらに「ぐれ」と略されるようになり、この「ぐれ」が動詞化したものが「ぐれる」である。

ちなみに、「ぐりはま」の漢字は、「蛤」をそのまま180度回転させ、見た目を逆さまにしたものである。



ハマグリ
ハマグリ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331