トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「アンコウ」の名前の由来


 「アンコウ」という名前の由来は諸説あるようで、「暗愚魚(あんぐ/愚かな、マヌケなという意)」からついたとする説、「赤魚(アカウオ)」から転化したとする説、「ヒキガエル」を指す千葉の方言である「アンゴオ」に由来するとする説、というのが主説だそうです。

 ちなみに英名では、グースフィッシュ(Goosefish)と呼ばれることがあります。アンコウは魚ばかりを食べているわけでなく、ときに水面近くの「グース(鵞鳥)」や、カモメなどの海鳥を襲撃して食べてしまうことがあるためです。(実際、解体している最中に胃の中にウミドリが入っているケースもあるようです)

 アンコウの頭に釣竿のように長く伸びた器官で餌をとるため、アングラーフィッシュ(Anglerfish/釣りをする魚)とも呼ばれています。
似たようなのには、フィッシングトード(fishing toad,fishing frog/釣りをするガマガエル)などという異名前が付けられています。






アンコウ
あんこう
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「イシモチ」の名前の由来

 

  ニベ科の魚をグチと呼びますが、これは釣り上げたときに鰾(浮き袋)をグーグー鳴らし愚痴のように聞こえるところからだそうです。「イシモチ」石持の場合は、その耳骨が白い石(耳石)という石を持っており、これを鳴らすことができることから来ているそうです。

 標準和名として「イシモチ」という名の魚はおらず、魚屋で「イシモチ」として売っているのは、多くの場合「シログチ」か「ニベ(クログチ)」になります。



イシモチ
イシモチ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331