トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「オコゼ」の名前の由来


  オコゼの名は、「オコシ」や「オコジ」として『和名抄』『新撰字鏡』に記録されています。

  辞書によると、「オコ」とは「貌(かたち)の痴(おこ)なる意、笑いに価するほど愚かなること、形の奇怪にして容貌(ようぼう)醜(みにく)きものをあらわします。また、『オコ』の音便によって『オコシ』『オカシ』と変化して用いられる」となっています。
「シ」、「ジ」、「セ」、「ゼ」は魚名語尾でもあるから、オニオコゼの語意は「鬼のように醜い容貌の魚」と考えられます。

 背ビレには強い毒があるので注意が必要。料理をするときには、先ず背ビレを取り除く必要があります。




オコゼ
おこぜ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ハス」の名前の由来

 

  ハスはコイ科魚類、そして日本在来の淡水魚では数少ない完全な魚食性の魚で、ナマズと同様に淡水域の食物連鎖の上位に立つ。日本在来の魚食性淡水魚はナマズやドンコやカワアナゴ、カジカ類など待ち伏せ型が多いが、ハスは遊泳力が高く追い込み型である点でも唯一といえる存在であった。

  容姿がオイカワに似ていることもあり、淀川流域ではオイカワを「ハス」、ハスを「ケタバス」と呼ぶ。標準和名との混乱があるので注意を要する。また、その風貌とオイカワの別称である「ヤマベ」から「オニヤマベ」と呼ぶ事もある。

  中国語では「馬口魚」と称し、「桃花魚」、「坑爬」、「寛口」がある。地方名では、福建省の客家語で「大口魚」と呼ばれる。広東省ではオイカワとの混称で「紅車公」と呼ばれる。



ハス
ハス
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331