トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「ワカサギ」の名前の由来


 ワカサギの漢字表記には公魚、若鷺、魚へんに若などが当てられますが、どれも本来の名前の由来を表してはいません。由来通りに漢字にすれば「若小魚」です。ワカは幼い、弱々しいこと。サギは白く清楚なことや小魚の意味で、これを合わせてワカサギと命名されました。

 地方名では、島根県宍道湖の七珍の一つとされるアマサギ(甘小魚:甘は味がよいという意味)、茨城県ではサクラウオ(桜川で桜の咲く頃によく獲れた)、千葉や静岡ではスズメウオ、他にもチカ、メソグリ、シラサギ、サイカチなど沢山あります。

 その他、公魚という漢字は、江戸時代に将軍家へ献上されたことから公方様の魚、すなわち公魚と書くようになったと言われます。この公魚がどこから献上されたかは、霞ヶ浦と宍道湖の二説があります。




ワカサギ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ヒガイ」の名前の由来

 

コイ科の淡水魚。全長約15センチ。体は細長く、暗褐色で小黒斑が散在。短い口ひげが一対あります。湖沼・河川の砂礫(されき)底にすみ、二枚貝に産卵する。本州中部以西に分布したが、関東・東北地方にも広がります。

名の鰉の字は、明治天皇が賞味したことに由来。
しかし「鰉(ホワァン)」の字は中国にありチャウザメの一種を指すことから、国訓で「ヒガイ」とされています。

また、痩せて弱々しい様を意味する古語・「ヒガイス」にも由来されたとされています。



ヒガイ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331