トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「シイラ」の名前の由来


シイラは古来、黒潮(暖流)の影響する沖合いの潮目や流れ物に付くため、その付近に大群でいるカツオの豊漁を予感させるものでした。

“マン”は、“万” つまり大漁を意味し、“ビキ”は、“匹”を指します。シイラがいればカツオが万匹獲れるという意味から自然発生的に付いた名前ではないでしょうか。マンリキはマンビキから派生したものと考えられる。針がかりしたシイラの引き味は、まさに万力のようでもあります。




シイラ
シイラ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「シャチ」の名前の由来

 

日本ではシャチと呼ばれていますが、昔はサカマタが正式和名だったそうです。

シャチという名前の由来は、「魚を追い込むことで漁を助け、海の幸をもたらす"沖の神"」というアイヌの言い伝え、そして、波を起こして雨をよく降らす頭が虎、体が魚の「鯱」であると言われていています。

名古屋城のシャチホコを見ると、シャチとは煮ても似付かない姿ですが、「人間を助けてくれる」という意味できっと共通なのでしょう。英名のキラーホエール(クジラ殺し)やオルカ(魔物)とは全く違う解釈です。

サカマタ(逆又、逆戟)の由来は、水面上に垂直に高く立った雄の背びれを中国の古代武器「戟(げき)」に見立てたことからと言われています。



シャチ
シャチ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331