トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「カジカ」の名前の由来


カジカとは、カサゴ目カジカ科の魚の総称。 体はハゼに似ているが鱗がない。ゴリ。マゴリ。

カジカは「日本釈名」に「河童なり、山河にある魚也、夜なきてしょ其音たかし」とあり、「カハシカ(河鹿)」の略であろう。 河鹿とは「カジカガエル(河鹿蛙)」と呼ばれる蛙の一種で、カジカの外見は河鹿蛙と似ている。 「日本釈名」に「夜なきて」とあるように。近世までは魚のカジカと蛙のカジカは混同されていたため、この名前がついたと考えられる。

漢字の「鰍」は、音符「秋」が「ぐっとひきしぼる」「しまって細い」という意味で中国では「ドジョウ」を指すが、水底を這うように行動するところが「ドジョウ」に似ていることと秋の魚であることから、日本では「カジカ」の漢字として用いられるようになった。




カジカ
カジカ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ゴリ」の名前の由来

 

ゴリは一般的には典型的なハゼ類の形をした淡水魚を指す一般名、地方名である。 但し、一部にメダカ類やシマドジョウ類を指す地方も存在する。

川底に生息する淡水魚で、ハゼ類に典型的な大きな頭部、飛び出した目、大きな口などが特徴である。体色は褐色から暗褐色。大抵の種類が全長数 cm 程度の小型魚である。ハゼ科の「ゴリ」では、2枚の腹鰭が合わさって1つの吸盤になっており、これで水底の岩などに吸い付くことで流れの速い川にも生息できる。また、宮城県、島根県、高知県、大分県などの沿岸地域ではハゼ類の幼魚をゴリとよぶ場合がある。一方、カジカ類の腹鰭は吸盤にはなっていない。

無理やり押し通す「ごり押し」という言葉の由来はこの小魚だそうです。 水中の石の下に隠れている鮴を、砂石を動かし追い出すように獲ったことから 「ごり押し」。



ゴリ
ゴリ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331