トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「チョウザメ」の名前の由来


チョウザメは、体表にある硬鱗が蝶の形、全体的な形がサメに似ていることから名付けられました。また、産卵期に河川に遡上することから「カワザメ」とも呼ばれています。

体は細長く、断片は角の丸い五角形をなしています。鼻先は突き出しとがっており、口は頭の下に開きひげがあります。砂泥底を泳ぎ、ひげで食べ物を探します。かつては北海道・東北地方を中心に産卵期には、かなりの数のチョウザメが遡上していたようです。




チョウザメ
チョウザメ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ハタハタ」の名前の由来

 

鰰(はたはた)の名前は魚へんに神と書いて「鰰」(はたはた・ハタハタ)と読みます。これは雷神の古名とされ「霹靂神(はたたかみ)」に由来していると言われています。 その昔、冬の厳しい日本海沿岸の貧しい漁村の人々にとって、冬の季節の訪れに轟く雷(神鳴り)と共に突然海岸にうちよせる獲りきれないほどのハタハタの大群は、雷神様がつかわした魚と信じられ、ありがたい魚として鰰(はたはた)と呼ばれるようになったと言われています。

また、ハタ科の魚はいずれも体表に「斑(ハタラ)」のあり、ハタハタも体表に流紋状の斑紋のあることにより、「斑斑(ハタハタ)」または「斑鮮(ハタハダ)」と命名されたとされる説。「はたはた」とは北日本各地では「ひらひらすること」「きらめくこと」「稲光・雷光」を意味する言葉を語源とする説。「海が時化て波の多い時期によく捕れるので、波多波多(ハタハタ)になった」という説



ハタハタ
ドジョウ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331