トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「クジラ」の名前の由来


クジラの語源は定かではなく、いくつもの説があります。 クジラの皮膚の色は黒色なものが多く、その中の脂肪の部分が白色であるものが多いです。または、鯨の背の黒色と腹の白色であることから、 「黒(くろ)」と「白(しろ)」をつなげて言い、それがつまって「くじら」と呼ぶようになりました。 これに準じて、葬儀等の凶事に用いられる黒白の幕のことを鯨幕(くじらまく)と呼ばれます。

また、クシシラ[大獣]の略語の説もあります。クは大を意味する古韓語、シシは獣、ラは接尾語。 「鯨」漢字の語源 数字の単位「千、万、億、兆、京(けい)」から非常に大きいものを表す京に魚偏で「鯨」となりました。




クジラ
クジラ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ボラ」の名前の由来

 

ボラとは、ボラ目ボラ科の海水魚(スズキ目の分類もあります)。出世魚のひとつで、地域によって異なりますが、一般的に3センチ程度をハク、5〜10センチをオボコ・スバシリ、20センチ程度をイナ、30〜40センチをボラ、50センチ以上をトドと呼びます。
卵巣は塩漬けにしてからすみにして食します。

「はらぶと(腹太)」とも呼ばれることから、「ほはら(太腹)」か「ほほはら(含腹)」が変化したと考えられます。
また、体などが大きいことを「ボラ」と言う地方もあるので、体(腹)が大きいことから付いた名前と考えてられます。



ボラ
ボラ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331