トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「スケトウダラ」の名前の由来


 スケトウダラはその名の通りタラの仲間で、一般にスケソあるいはスケソウとも呼ばれています。 「佐渡鱈」の「佐」を漢和辞典で引くと、音読で「たす  ける/すけ」とあります。類義で「助」だそうです。スケトウダラは昔、佐渡の近海でよく獲れたことからこの名が付いたといわれます。また、「介党  鱈」とか「助宗鱈」とも書きますが、こちらの「介」も同じく「助」の意味です。これは大量に獲れて網を揚げるのに「助っ人」がいるほどだから付いたと言われます。

当魚河岸では「スケソウ」と呼び、「助宗」の字を当てます。他にも地方名 にはメンタイ、ヨイダラ、ナツトオダラ、シラミダラ、富山県では「キジダラ」、「キダラ」、「シラミダラ」など などユニークなものがあります。

また漁師さんたちは、2、3歳くらいの未成魚を「ピンスケ」、それより小さいものを「マゴスケ」などと呼んでいます。  




スケトウダラ
スケトウダラ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「イカ」の名前の由来

 

その形状から「いかつい(厳つい)」「いかめしい(厳しい)」の 「いか」とする説や、「い」が「白」を意味し「か」が「堅い」とする説や、 タコに比べよく泳ぐことから「いか(行か)」の意味など諸説があるが未詳。

「烏賊」の漢字の由来は、いつも水面に浮かんでいて死んでいるように見えるため、 それをカラスがついばもうとするとイカは腕を伸ばして巻きつき、 カラスを捕らえるという中国の言い伝えによるもので、カラスにとって 恐ろしい賊のようなものという意味から、「烏賊」と表記されるようになった。



イカ
イカ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331