トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「マグロ」の名前の由来


大昔はあまり食べられていなかったが、江戸時代のころから食べられ始められるようになったマグロ。名前の由来は、まぐろが背中を海面から出して泳いでいる姿を見た漁師が、「真黒」と名づけたそう。それまではシビと呼ばれていた。


他に、「大言海」によると「眼黒・<マグロ>または真黒の意味か?と思われる」と書かれ 「本朝食鑑」は「その眼が黒きが故にマグロという」と説明されている。


マグロはどれも目が黒いため、眼黒の説が有力と考えられるが、マグロの代表がクロマグロであるため、真黒の説の可能性も捨てがたい。 大形のものを「シビ」、小形のものを「メジ」と呼ぶこともある。 「鮪」の「有」は「外側を囲むという」意味で、「鮪」の漢字には大きく外枠を描くように回遊する魚の意味がある。




マグロ
鮪
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「マス」の名前の由来

 

マスとは、サケ目サケ科で「マス」の名がつく魚の俗称。特に、サクラマス・カラフトマスをいう。


朝鮮方言の「松魚」から「マスノイオ」と言ったとする説。 味が勝っていることから「勝る」に由来する説。 大きいことから「増す」、繁殖力が旺盛なことから「増す」など諸説がある。


定説となっているものはないが、色の赤さや味、大きさや繁殖力などが「増す」に通じるため、 「マスノイオ」に「増す」がか加味され、「マス」で定着したと考えられる。 漢字「鱒」の「尊」は、「細長い酒壺の形をした」「かっこうがよい」を表した音符である。



マス
鱒
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331