トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「ハマチ」の名前の由来


ハマチは、鰤 (ぶり) の成長過程での呼び名で、体長は約50センチ程度です。鰤 (ぶり) のように、成長過程で呼び名が変わる魚のことを出世魚と呼びます。全国各地で呼び名が違います。ほとんとの地域でハマチと呼びますが、関東では、養殖のブリのことをハマチと呼びます。関東と関西で呼び名を比較すると、関東はワカシ・ワカナ・ワカナゴ・イナダ・ワラサ・ブリと呼びます。関西はツバス・ワカナ・ハマチ・メジロ・ブリと呼びます。


ハマチの名前の由来は、浜里萬知とよんだ古名の略称からとされています。




はまち
ハマチ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「イワナ」の名前の由来

 

イワナの体色は、褐色から灰色。英名ホワイトスポット・チャーの名の通り、体には背部から側面にかけて、多数の白い斑点が散らばる。夏でも水温が摂氏15度以下の冷水を好む。個体の特徴は地方によってさまざまに異なるが、亜種レベルではアメマス、ニッコウイワナ、ヤマトイワナ、ゴギの4亜種とするのが一般的となっている


イワナの「ナ」は。「フナ(鮒)」や「メジナ(目仁奈)」の「ナ」と同じく、「魚」を表す語。 イワナは岩陰にひそんで昆虫や小魚を捕食することから、「岩の間にすむ魚」の意味で「岩魚」と名付けられた。 最も高地にすむイワナの特徴から、イワナの「イワ」はアイヌ語 で「山」を意味する「イワ」とも言える。



イワナ
イワナ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331