トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「エイ」の名前の由来


エイ類はシビレエイ目、ノコギリエイ目、ガンギエイ目、トビエイ目の4 つの目に分類される。各地方では、エイ(各地)、アカエ(関西)、エブタ(和歌山県)、アカマンタ(沖縄県)、アカヨ、ホンエイなどと呼ばれる。

エイは、魚偏に覃と書くか、魚偏に賁と書くことが多い。ここでは、もうひとつエイと読まれる「海鷂魚」にしておく。赤海鷂魚で、アカエイと読むのである。

エイの語源説は多くあり、その形容をいうエダヒラキ(枝開)の義からや、尾が長く桝の柄に似ているためにエと名づけた〔本朝辞源=宇田甘冥〕。 また、イデハリ(出針)の反〔名語記〕や、エハリ(枝刺)の義〔日本語原学=林甕臣〕。コメ(韶陽魚)の俗名で、尾の長いことからエビ(燕尾)といい、その転〔東雅〕など、多くの説がある。




エイ
エイ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ムツ・アカムツ」の名前の由来

 

ムツ科の海産の硬骨魚。また、カワムツの俗称。目と口が大きい。 語源は陸奥だという。本来の?(りく)は空想上の魚の名である。

赤い色をしたムツの意味。「むつ」とは「脂っこい」ことを「むつっこい」、「むつこい」、「むっちり」、「むつごい」というから来ている。すなわち脂っこい魚という意味合いから呼ばれるようになった。

また、アカムツは別名「ノドグロ(喉黒)」とも呼ばれる。 口の中(のど)が墨を塗ったかのように黒いことからつけられた名前。



アカムツ
ムツ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331