トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「サヨリ」の名前の由来


サヨリは外見どおり、繊細で臆病。真っすぐに泳ぐことしかできず、水槽で飼育するのは難しいのだそうです。
サヨリは昔、「よろず」とか「はりを」などとも呼ばれていたようで、その語源は「まっすぐでよろしき魚」という意味の古語にあるそうです。
また、今でも大きめのサヨリは「カンヌキ」と呼ばれています。観音開きの門を閉める時に、横に渡す閂(かんぬき)棒に良く似ているからとのことです。


また、習性から来ている説もあります。海面を群れで素早く泳ぐことから、サワ(沢山:たくさん)とヨリ(寄り集まる)からワがとれてサヨリとなりました。




サヨリ
さより
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「アユ」の名前の由来

 

古事記や風土記には鮎が多く出ています。
鮎の字は、占いによく使われたことから来ており、
”神武天皇が東征の際、夢のお告げで土器と壺を作り川に沈めて占った”
”記紀の神功皇后が、遠征の際、飯粒をエサにして「新羅に勝つことができるなら魚が釣れますように」と祈って川の中に投げ入れたところ釣れた魚がアユだった”
など多くの話があります。 

産卵期に、下流に下るアユを ”落ちアユ”
婚姻色が出て、黒くなったアユを”サビアユ”ともいいます
また、1年で一生を終えることから”年魚”ともよばれています。



アユ
アユ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331