トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「フナ」の名前の由来


このフナという名前の由来については、「フ」は浮、あふみ(近江)の上下略、あるいは水田や養魚池を指すもので、「ナ」は魚を意味する等、いくつか説があるようです。また、「フナ」にはギンブナ、ゲンゴロウブナ、ニゴロブナ等、それぞれ互いに外観がよく似たいつかの種、亜種が含まれており、私たちはそれらを総称して「フナ」と呼んでいます。

ギンブナ古く万葉集の中にも、次のように鮒を詠んだ歌があります。




フナ
たい
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ニシン」の名前の由来

 

「ニシン」は鰊、鯡、春告魚などといろいろな漢字が用いられたが、これらはいずれもアテ字であって、中国にあるものとは同名異物とされる。 鯡は天文17年(1584年)に出された「運歩色葉集」に現れたのが最初で、もっとも古くから 使われている。当時食べていたのは数の子であって、「魚の子」を意味する鯡の文字を借りた という。   さらには、江戸の商人の間でニシンと米を交換し合ったところから、魚に非ずという意味で 鯡にしたとか、ニシンはせん民の食、猫の食、(本草網目啓豪−亨和3年、1806年刊行)とし ていることから米の代用に主食とされたことも考えられる。

また、身を二つに裂いて保存するので二身という説と、両親の長寿を祈って食べる魚なので、二親魚からという説もある。



タラ
ニシン
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331