トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「フナ」の名前の由来


このフナという名前の由来については、「フ」は浮、あふみ(近江)の上下略、あるいは水田や養魚池を指すもので、「ナ」は魚を意味する等、いくつか説があるようです。また、「フナ」にはギンブナ、ゲンゴロウブナ、ニゴロブナ等、それぞれ互いに外観がよく似たいつかの種、亜種が含まれており、私たちはそれらを総称して「フナ」と呼んでいます。

ギンブナ古く万葉集の中にも、次のように鮒を詠んだ歌があります。




フナ
たい
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「タラ」の名前の由来

 

鱈は、魚偏と雪からなっている。日本で作った文字。タラは、北洋で取れる冬の魚。
それゆえに雪の字があてられたようだ。又、魚肉が雪の如く白い(「大言海」)ことから雪の字を用いたともいわれている。

また、鱈は魚に雪と書いて、雪の降る季節に、という説もあります。 ちなみに鱈場蟹は、鱈の場所にいる蟹なのでその名前がついたそうです。



タラ
たら
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331