トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「コイ」の名前の由来


『鯉(こい)』は恋に由来するそうで、『大言海』ではコヒは恋の義としています。また『和訓栞』にも鯉は恋より出でし名なり、『景行紀』にその旨見えたりと記されているそうです。しかし、景行天皇の恋物語に由来する「コイは恋から」という説は信憑性が低いらしい。また、体が肥えているから、味がこえている(旨い)の意からきたともいいます。 一方『魚鑑』には、鯉は河魚の長、鯛は海魚の長なり、又百歳を経る時は龍門にのぼるといへりとあり、さらに、鯉と鯛は対で、小位(こい)、大位(たい)の義なりとなっているそうです。




コイ
こい
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ハゼ」の名前の由来

 

ハゼの漢字として一般化している「鯊」や「沙魚」のほか、魚偏の漢字では、「鯛」を「タイ」のように古代から現代までほぼ一貫して通用してきた一次魚名のようには、ハゼを一つの漢字に特定することは、他魚種との混乱を招くということをで難しかったようである。ハゼの中には、マハゼもいればダボハゼもいればトビハゼもいるが、主として海や河口に住むハゼと、内陸の渓流に棲むカジカやイシブシやゴリと呼ぶ魚たちとは一線を画して記述されている。、ハゼやカジカの仲間のことを記述するときには混乱を避けて、正確をきせるとしたはじめての本が『本朝食鑑』なのである。


また、海に棲むハゼを、遊漁としての釣りの重要魚種として位置付けたことである。つまり、当時すでにハゼ釣りという遊びがはやり始めていて、ハゼのなかでも現在の和名「マハゼ」になっている「ハゼ」はその格好の対象になったのである。



ハゼ
はぜ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331