トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「ウナギ」の名前の由来


漢字の由来は、曼という字に関係しているようです。この文字の意味の中には「つや・長い」という意味が含まれているそうです。つやのある長い魚という事でこの漢字が出来たのではないかと思います。 その他には、うなぎは昔「むなぎ」と呼ばれていたそうです。 万葉集などの書物には「むなぎ」と書かれています。

※「む」:身、「なぎ」:長いという意味 ※うなぎの胸の部分は黄色っぽくなっているから「胸黄(むなぎ)」がうなぎへと変化したものなどなど色々説があります




ウナギ
ウナギ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「ナマズ」の名前の由来

 

「なま」は、ウロコがなく滑らかな魚であることから、「なめくじ」の「なめ」と同じく「滑らか」の意味。 「ず」は、川や沼の沼底にすむことから、「どじょう」の「ど」と同じく「泥」や「土」の意味。つまり、「滑らかな泥魚」という意味で名付けられたと考えられます。

古くから、大なまずが地中であばれるために地震が起こるという俗説があり、「地震」を「なまず」と言うこともある。 中国ではなまずを「魚」+「占(粘りつく)」で「鮎」と書くが、日本で「ねばる」の意味から「念」が当てられて「鯰」となった。現在では、中国でも「鯰」が使われる。



ナマズ
ナマズ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331