トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「カレイ」の名前の由来


カレイ類の「マツカワ」は、松の木のような模様からマツカワと呼ばれるようになった。江戸時代には、江戸ではホシガレイ、ホシビラメと呼ばれていた。当時、大型のヒラメ・カレイ類はヒラメと総称されていたため、マツカワビラメとも呼ばれていた。

「ヤナギムシガレイ」は背中の虫食い状の斑点が名前の由来だが、次のような説もある。本種は干物に適した種類で、昔からよく加工されていた。この干物のことを「蒸鰈」といい、塩水につけたカレイ類を薦(こも)をかぶせて蒸らすように陰干しにしてつくったことによるという。
ヒラメ、カレイ類は卵から孵化したときから平たい体形をしているわけではなく、最初は普通の魚と同じような泳ぎ方をしている。しかし、まもなく片方の目が反対側へと移動しはじめ、それとともに眼があるほうの体色が濃くなり、底をはう生活が始まる。昼間はあまり泳ぎ回ることはない。砂底で周りの色に溶け込むように体の色素胞をを調節してカムフラージュしていたり、ひれをうまく使って砂の中に潜り込み、眼だけ外に出していたりする




カレイ
鰈
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「カワハギ」の名前の由来

 

「カワハギ」という名前は、皮がはぎやすいことから。また、皮をはいでから料理するところから付いた。学名は、頭の上の棘から「冠のような」という意味を持っている。体表がやすりのようにザラザラしているので、サメの仲間だと思われていたり、鮫肌の代わりに使われていたこともある。

秋から冬にかけては肝が大きくなり脂ものる。肝和えや酒蒸しにして美味。また、「ウマヅラハギ」はカワハギの仲間で、よくカワハギの代用品として煮つけやみりん干しにされる。刺身にしてもよいが、カワハギに比べるとやや臭みが強い。おちょぼ口で顔が長い。それが馬の顔を連想させることからウマヅラハギと呼ばれた。水から揚げてもかなりの間生きており、頭の上の棘を立てたりしながら、プギギィ、プギィーと鳴き音をたてる。



カワハギ
カワハギ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331