トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「アイナメ(鮎魚女・鮎並・愛な女)」
  の名前の由来


岸からそれほど遠くなく、比較的水深の浅い藻場や岩場に住みついているため、昔からよく釣られ、食され、親しまれてきたアイナメ。そのため、各地で様々な呼ばれ方をしています。その姿形や行動が鮎に似ていたり、鮎のように縄張りを持つことから鮎のような魚ということで“鮎魚女”と呼ばれたり、静岡では岩についた海藻などを捕食する動作から、挨嘗めと呼んでいる。

岩の間に隠れている姿から「寝所」とか、体が脂っぽいところから「アブラメ」などとも呼ばれている。また、広島地歩では、籾種を買う金まで使い込んでしまうほど美味しいとして「籾種失い」の別名もある。




アイナメ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「アオダイ(青鯛)」の名前の由来

 

その名の示すとおり、紫がかった青い体の色と姿形が美しい。やや深いところに棲み、大きいものは40〜50cmにもなる。釣りの好対象魚である。東京では空輸されてきたものが、たまに出回るくらいで、一般に馴染みは薄い。しかし八丈島や南日本、沖縄など暖水系の海ではよく釣れ、民宿や旅館、飲食店では姿造りや舟盛りに盛り付けられ食されている。

ほとんどが鮮魚として現場消費や、冷凍空輸にされる。姿造りは、高級料理である。切り身にして塩焼き、煮付け、また鍋物の具や椀物に適している。


アオダイ
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331