トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

◆「さかな(魚)」の名前の由来


魚は元々、「酒菜(さかな)」と書き「酒のつまみ」を意味していたそうです。奈良時代から室町時代にかけて、「さかな」と呼ばれていたものは「塩」「スモモ」「味噌」などで、江戸時代以降、酒の肴に魚肉が多く使われたため、魚肉を「さかな」と呼ぶようになりました。

魚類全般は「いを」と言い、「いを」から「うを」、「うを」から「うお」へと変化しました。しかし、「うお」では不安定な母音の連続になるため、海や川で泳いでいる魚類も「さかな」と呼ぶように。 それまで魚は「うお」や「な」と呼ばれており、魚の総称を「うお」、 食べ物としての魚を「な」と呼んでいたそう。



サカナ
魚
spacerspacerspacer
spacer
spacerspacerspacer

◆「アイゴ(藍子)」の名前の由来

アイゴの名前の由来は、体色が藍色だからだという説と、昔“藍”とは藍染めのアイのことではなく、“イラクサ”のことを指し、アイゴの棘(とげ)に刺さると痛い目にあったから、とする説があります。

英名では、顔つきがウサギに似ていることから、ラビットフィッシュとも呼ばれています。

比較的軽度ではありますが、アイゴによる中毒例があります。石垣島では6月の大雨の後のアイゴを食べると、口が痒くなるという言い伝えも。



アイゴ
藍子
 
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331