トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
イワナ イワナ

うろこが細かく脂びれがあり、口が大きく口の後端が眼の真下か後方に達する。つまりサケ科魚類の典型である。体色の基本形は、背がオリーブ色系で、腹は淡青色〜淡黄灰色。体側には、背と同系色か青灰色系のやや不明瞭なパーマークがあり、さらに明灰色〜薄桃色の斑点が点在する。

食べ方
塩焼きや 燻製で美味。山村の観光名産や釣魚としての価値が高い。最近は養殖魚がスーパーにも出回る。

栄養
イワナのタンパク質は消化がよく、ビタミンB1やB2が多く含まれます。また、皮の部分にはコラーゲンが含まれます。

spacer
spacer
spacer
ニジマス ニジマス

背や体側はオリーブ色〜淡緑灰色で、各ひれを含む全身に、黒褐色の斑点が散在する。また、えらぶたから尾柄にかけて、ピンクの太い線があることから「虹」の名がある。

食べ方
食用より、釣用として重要。しかし、最近は飼料や飼育方法の改善により一部ではかなり美味なものにみられるようになった。

栄養
良質なタンパク質です。脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
カワマス カワマス

イワナに似るが、背びれに明瞭な虎斑模様があるので、容易に区別できる。背や体側の明色小斑は明瞭である。

食べ方
肉は薄く紅色を帯び、渓流魚の中ではやや美味なほうに入る。

栄養
良質なタンパク質です。脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
コイ コイ

河川の下流や湖沼などにすむ。古くから飼われ、各地に放流され続けているので野生生物なのか人間の所有物なのかはっきりしないものが多い。雑食性で、貝やミミズなどの底棲生物をはじめ、藻類などさまざまなものを食べる。

食べ方
古くから食用として親しまれ、特に山間部では重要なタンパク源として利用されてきた。ほとんどが活魚で流通し、死んだものは不味である。あらやコイコクで賞味する。

栄養
良質なタンパク質です。脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
ギンブナ ギンブナ

コイに似るが、口にヒゲがない。また、背びれの軟条数は、コイ20〜22条に対して15〜17条と少ない。ギンブナは雄が極端に少なく、川によっては雌ばかりのところもあるよいう。

食べ方
ギンブナもキンブナも同じように利用されている。小さいものは甘露煮や雀焼きに、大きなものは背開きにして腹にみそを詰めて蒸す(琵琶湖の郷土料理)。蒸し物にして食べると美味。卵巣をつけたままの干物も独特の味わい。

栄養
良質なタンパク質です。脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331