トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
ウミヒゴイ ウミヒゴイ

ヒメジ類としては大型の種類。体形は近縁のオジサンに似るが、黒い模様がなく、 左右により扁平な体をしている。その名が示すとおり、全体に赤みが強く、横から 見た姿は池で飼うヒゴイを思わせる

食べ方
ヒメジ同様冬が旬とされ、煮付けなどで美味。新鮮なものは刺身で食べます。 また、唐揚げやムニエルなど洋風に調理してもおいしく食べれます。

栄養
高タンパク・低カロリーである。また、身だけでなく皮の部分にはビタミンA1・B2が 豊富に含まれている。

spacer
spacer
spacer
ニザダイ ニザダイ

体は楕円形で、左右に扁平。尾柄は細い。口は小さく、やや突き出ている。尾柄部分に 4個の棘が並び、その回りが黒斑となっている。前の3個の黒斑が目立つので、「三の字(サンノジ)」 や「上等兵」の異名がある。

食べ方
一般的には磯くさくて不味いとされ、市場の価値の低い魚であるが、新鮮なものは かなり美味である。調理する場合はカワハギ同様に皮をむく。とれたてなら刺身が よい。ほかに煮付けや鍋も美味。磯くさくしないためには、できれば漁獲してすぐに 内臓、血、皮を除いておくとよい。

栄養
ニザダイは血圧を正常に保つ、コレステロール低下などに効用があるタウリンを多く含有しています。 ドコサヘキサエン酸、イコサペンタエン酸を含有しています。

spacer
spacer
spacer
アイゴ アイゴ

長い楕円形で左右に扁平。生きているときは精神状態によって体色が大きく変化し、 縞模様や斑点が消えたり表れたりする。背びれ、腹びれ、しりびれの各棘には毒腺が ある。不用意につかんだりすると棘がささって猛烈に痛む。魚の死後もこの毒は有効なので 調理の際にも注意がいる。

食べ方
肉質がよく美味。鮮度が落ちると磯くさくなるが、新鮮なものは刺身にもなる。薄造りにして薬味をきかせたポン酢で食べると旨い。 塩焼きや煮付けもよい。※調理の際には毒棘を刺さないように注意。

栄養
アイゴに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
キツネメバル キツネメバル


メバルに似るが、鼻筋は棘でごつごつしている。唇も厚ぼったいので、メバルより少し いかつい顔に見える。体色は、淡黄褐色の地に黒褐色の不規則な斑紋や点が並び、それらが太い 帯を形成する場合もある。

食べ方
惣菜魚で、煮付けや鍋物などに利用されるが、新鮮なものは刺身が旨い。全国的な流通量は少ないが、日本海側では比較的多い。

栄養
メバルに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸) 等の高度不飽和脂質酸が含まれています。また、コラーゲン、ビタミンA、アスタキサンチンなどを含有しています。

spacer
spacer
spacer
ヤナギメバル ヤナギメバル


メバルに似るが、体がやや長い。沖の深海底にすみ、卵胎生で、春に小魚を産む。吻の上に鼻棘はあるが、目の下、口元、頭部に棘は無い。背びれの棘は13本。尾びれの縁は暗色。

食べ方
惣菜魚。流通量は多くない。白身の上品な味わい。ウスメバルなどからしても劣ることはなく美味しい魚。煮付けにして食べると美味しい。

栄養
メバルに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。また、コラーゲン、ビタミンA、
アスタキサンチンなどを含有しています。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331