トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
タカノハダイ タカノハダイ

体高があり左右に扁平。背側の輪郭が、背びれ前縁を頂点とする直線的な山県。尾びれはやや上向きにつく。口は小さく唇は厚い。地色は薄い茶灰色で斜めに褐色の縞模様があり、縞の数や形は固定によって若干の違いがある

食べ方
独特の臭いと渋みがあるため、刺身や塩焼きは不向き。湯通しして水にさらしてから、しょうがなどの臭い消しとなる素材と一緒に濃い味で煮付けて食べるとよい。流通量もきわめて少なく、市場に出ても非常に安かである。

栄養
タカノハダイにはたんぱく質、脂肪、ビタミン、カルシウムなどの栄養素が含まれている。また、タカベ含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸) 等の高度不飽和脂質酸が含まれている。

spacer
spacer
spacer
ミギマキ ミギマキ

日本沿岸の特産種。タカノハダイとよく似ているが、ミギマキは地色が明黄灰色で縞は黒色。縞は背びれにも及び、タカノハダイより不規則である。また、尾びれの下側が黒く、唇が赤いことも区別となる。

食べ方
独特の臭いと渋みがあるため、タカノハダイと同じく刺身や塩焼きは不向き。湯通しして水にさらしてから、しょうがなどの臭い消しとなる素材と一緒に濃い味で煮付けて食べるとよい。 また、唐揚げも美味しい。

栄養
ミギマキにはたんぱく質、脂肪、ビタミン、カルシウムなどの栄養素が含まれている。また、タカベ含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸) 等の高度不飽和脂質酸が含まれている。

spacer
spacer
spacer
ササノハベラ ササノハベラ

体は長い楕円形で左右に扁平。うろこが大きく、尾びれの付け根が太い。口は小さくややとがる。背びれは前後に長く、棘は9本で、軟条は10〜11条。雄と雌では色が違う。

食べ方
ベラ類には食用にされないものも多いが、幾つかは庶民的な惣菜魚として親しまれている。本種もそのひとつで、煮付けにするとかなり美味。ただ、専門的に漁獲されることは少なく、全国的にあまり流通しない。

栄養
ササノハベラに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
キュウセン キュウセン

体は細長く左右に扁平。口は小さい。尾びれはやや小さく、付け根が太い。背びれは前後に長く、棘は9本で軟条は14条ある。雄雌で体色や模様が極端に違い、別の名で呼ばれることが多い。

食べ方
瀬戸内海では、惣菜魚として親しまれている。煮付けにすると非常に美味で、雑魚、惣菜魚などと侮れない旨さである。煮るときに梅肉を入れると、くさみもとれ、風味が増す。

栄養
キュウセンに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
テンス テンス

体高が高く、左右に扁平で、尾びれはやや小さく付け根が太い。うろこは大きい。顔が前後に詰まって、アマダイ類に似た顔付き。眼はやや小さく、口はがんじょうな歯がある。

食べ方
肉が多く、煮付けにするとベラ類のなかでは美味なほう。水揚げしたらすぐに血と内臓を抜いておくのがおいしく食べるこつ。かまぼこの材料にも利用されるという。

栄養
テンスに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331