トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
アオダイ アオダイ

体は整った楕円形で、左右に扁平。全体の雰囲気はタイ類に似るが、額の丸みが強く上あごが短い。また、体高もやや低い。背は青みがかった濃銀灰色から濃銀青色で、腹側は色が薄い。側線上には細い黄色線がある。各ひれは薄い黄色を帯びる。

食べ方
美味な白身で、鮮度のよいものは身も締まって刺身が旨い。南九州や沖縄ではよくとれ、刺身、寿司種、煮付け、塩焼きなどが美味しい。全国的な流通量は少ないが、最近は輸入網の発達で、遠隔地の市場でも鮮度のよいものが見られる

栄養
アオダイにはタンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれています。 また、アオダイに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸) 等の高度不飽和脂質酸が含まれている。

spacer
spacer
spacer
ウメイロ ウメイロ

形はアオダイに似るが、背から尾柄にかけてが明黄褐色なので、見誤ることはない。名前はこの黄色が完熟した梅の実の色に似ているためという。また、尾びれの切れ込みがアオダイより深い。深場の岩礁にすむ。

食べ方
新鮮なものは刺身にして食べるととても美味しい。鯛よりも身がしっかりしており、歯ごたえ、味わいが楽しめる。寿司種や塩焼き、煮物など様々な調理法で美味しく食べられる。また、かまぼこにも利用される。

栄養
ウメイロにはタンパク質、ビタミン、ミネラルが含まれています。 また、ウメイロに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸) 等の高度不飽和脂質酸が含まれている。

spacer
spacer
spacer
タカベ タカベ

日本の特産種で、本州中部から九州にかけての太平洋岸に生息。体形は細長い紡鍾形で左右にやや扁平。尾びれの切れ込みは深い。背は青銀灰色で頭の後ろから尾に向かって鮮やかな黄色のラインが通り、尾びれも黄色。

食べ方
脂肪が多く肉は軟らかい。昔は脂の風味が強いので下魚として扱われていたが、近年はその点が好まれている。 タカベは塩焼きでジュウジュウと焼きながら食べるのが一番美味しいと言われている。

栄養
タカベにはたんぱく質、脂肪、ビタミン、カルシウムなどの栄養素が含まれている。また、タカベ含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸) 等の高度不飽和脂質酸が含まれている。

spacer
spacer
spacer
シマイサキ シマイサキ

形はイサキに似るが、背びれの前から口にかけての線が直線的。体色はやや黄色みを帯びた銀色で、頭から尾にむかって黒褐色の線(太線4本、細線3本)が通る。内湾の海岸近くに多い。若魚は川にも入る。釣り上げると鰾から「グウグウ」といった音を出す。

食べ方
しっかりした白身で、夏にとれた大きなものが特に美味。刺身によい。塩焼きや煮魚、ムニエルやフライなど様々な調理法でも楽しめる。

栄養
カルシウムの吸収をサポートするビタミンDが多く含まれています。シマイサキ自体にはカルシウムがそれほど含まれていないので、ヒジキや昆布などカルシウムが豊富に含まれている食品と一緒に食べると良いです。

spacer
spacer
spacer
タカアシガニ タカアシガニ

大きいものなら両脚を広げると3mを超える。世界最大のカニである。甲は丸く盛り上がり、顆粒と細かい毛で覆われている。脚が細長く、特に雄のはさみ脚は長い。甲の背は赤橙色と淡黄白色の縞模様。腹は淡黄白色。沖合の水深200m程度の場所までやってくる。年々漁獲量が減少している。日本特産の、世界一巨大なカニ。大切に利用したい。

食べ方
以前はあまり利用されずもっぱら水族館の人気者であったが、姿が見事なことから伊豆や房総の旅館などで使われ始め、徐々に人気が高まってきた。ゆでたものをそのまま食べるのもよいが、グラタンなどの洋風料理にあう。

栄養
カニの身にはアミノ酸の一種、タウリンが豊富に含まれています。またカリウム、ミネラルも含み、甲羅に含まれるキチン(多糖類)とキトサンは血中コレステロールの上昇を防ぎます。また、赤色の元となるアスタキサチンには動脈硬化やガン予防、老化を防ぐ効果も期待されます。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331