トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
ウミヒゴイ ウミヒゴイ

ヒメジ類としては大型の種類。体形は近縁のオジサンに似るが、黒い模様がなく、左右に扁平な体をしている。その名が示すとおり、全体に赤みが強く、横から見た姿は池で飼うヒゴイを思わせる。小さなものは、目の後ろあたりから尾びれに向かって、黄色いラインが通るが、成長すると消える。

食べ方
ヒメジ同様冬が旬とされ、煮付けなどで美味。また、塩焼きや唐揚げ、天ぷらなどさまざまな調理法で楽しめる。新鮮なものは刺身でいただく。

栄養
高タンパク・低カロリーである。また、身だけでなく皮の部分にはビタミンA1・B2が豊富に含まれている。

spacer
spacer
spacer
イシガキダイ イシガキダイ

イシガキダイはイシダイとの雑種が生まれるほど近い種類。交雑種はイシガキイシダイと呼ばれ、縞模様と黒点の両方を備えている。イシダイよりも暖かい海に生息する。体形はイシダイとほぼ同じだが、無数の斑紋を散りばめたところからイシガキ模様を連想させ、これが命名の由縁となった。

食べ方
新鮮なものは刺身で食べるととても美味な魚で、お寿司屋さんでも白身にぎりの高級品扱いされている。また、塩焼きやポワレ、椀だねなど様々な調理法で美味しくいただけます。

栄養
良質なタンパク質です。脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
アカアマダイ アカアマダイ

形はシロアマダイに似ているが、額が角ばっており、全体に赤みが強い。目の後方斜め下に、銀色をした三角形の紋がある。尾びれの上2/3には数本の黄色い線があり、下1/3は灰色か薄いピンク。シロアマダイよりもやや深いところにすみ、シロアマダイと同じようなくらしと思われる。

食べ方

非常に美味な魚。シロアマダイよりさらに身が柔らかい。シロアマダイ同様、蒸しものや粕漬け、干物などで賞味される。特に静岡名産「興津鯛」は、高級干物として有名。アマダイ類の中では、最も漁獲量が多い。

栄養
アマダイはタンパク質、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれています。また、骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富です。高血圧を予防するカリウム、筋肉の働きを正常に保つマグネシウムも多いです。

spacer
spacer
spacer
アオギス アオギス

かつての江戸前のキスといえば、このアオギスを指した。遠浅の海中に脚立を立ててアオギスを釣るものは、春、秋の風物詩として親しまれた。アオギスはキスの約2倍と50cm位まで育ち、体色は青みを帯びている。

食べ方
旬は5月〜6月。新鮮なものは三枚におろして刺身にしたり、酢の物、塩焼き、すし種、汁の実にするとおいしい。

栄養
白身の身肉は淡白な味で、脂肪が少なく、タンパク質や鉄分が豊富に含まれている。また、利尿作用のあるカリウムなども含みます。

spacer
spacer
spacer
ヒゲダイ ヒゲダイ

体高が高く方形で、鼻先とアゴ先が突き出す。全身茶褐色で、体側に2本の不明瞭な暗色帯がある。下あごのの先端に糸状の柔突起が密生し、その名が示すごとく、あごひげを蓄えた独特の風貌となっている。腹びれはやや大きく校門に届く。

食べ方
大きな物は美味であるが、漁獲量は少ない。新鮮なものは刺身になる。塩焼きや粕漬け、なべ物もよい。一部がかまぼこの材料にされるほかはあまり利用されない。

栄養
高タンパク・低カロリーである。また、身だけでなく皮の部分にはビタミンA1・B2が豊富に含まれている。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331