トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要

サケとほぼ同じだが、回遊距離はずっと短い。日本での遡上は、北海道の東北部の川が中心で、 他の場所での遡上はごく少ない。

食べ方
脂ものって味はよいが、サケ缶の原料にされる。肉はやや軟らかい。また、生のカラフトマスを鉄板の上で 野菜とともに味噌味で食べる「チャンチャン焼き」や、鍋物、ムニエル、フライでも美味しい。

栄養
栄養価の高い魚で、EPAやDHA、良質なタンパク質やビタミンA・Dなどが豊富に含まれる。アスタキサンチンも身に含まれており、体内で悪玉コレステロールを減らす効果がある。

spacer
spacer
spacer

アカカマスに似るが、腹びれの付け根の前端が、背びれの付け根の前端の真下あたりにある。 うろこはアカカマスより細かい。

食べ方
肉は白身で淡泊、新鮮だと刺身、煮付け、塩焼き、天ぷらやフライなど、あらゆる料理に向くが、身が柔らかいので開いて干されることも多い。干すと身が締まって美味しくなるので塩乾魚として有名。

栄養
ヤマトカマスには良質なタンパク質や脂肪酸が含まれている。また、ビタミンDが豊富に含まれており、カルシウムを骨に沈着させて丈夫にする効果がある。

spacer
spacer
spacer

一度聞いたら忘れられない名前。ヒメジに似るが、全体に赤身が強く、後ろの背びれの下と、背びれと尾びれの間あたりの2箇所に黒褐色の斑紋がある。また、ヒメジに比べ体高が高く、鼻先が突き出している。

食べ方
温暖な地域の市場ではよく見かける。特に高級魚というわけではないがかなり美味である。白身で、煮付けや鍋、天ぷらなどにしても美味しい。

栄養
高タンパク・低カロリーである。また、身だけでなく皮の部分にはビタミンA1・B2が豊富に含まれている。

spacer
spacer
spacer
シロアマダイ

体は長く左右に扁平。頭が前後に詰まったユーモラスな顔つきをしている。背びれが長く、頭のすぐ後ろから尾柄近くまで続く。背や頭はやや灰色がかったピンクで、体側にかけて徐々に薄くなり腹は白い。他のアマダイに比べ、眼が小さく見える。

食べ方
アマダイ類中、シロアマダイが最も美味で高級で扱われる。焼き魚や煮物にされますが、水分を多く含むので軽く干したり味嗜曾漬けや粕漬けにすると味が引き立って美味しい。

栄養
アマダイはタンパク質、ビタミン、ミネラルがバランス良く含まれています。また、骨や歯を丈夫にするカルシウムが豊富です。高血圧を予防するカリウム、筋肉の働きを正常に保つマグネシウムも多いです。

spacer
spacer
spacer

イシナギは日本近海に住むハタ類の中では最も大きくなる種類。釣り人にとっては夢の超大物の魚。大きく成長したものは、他のハタ類に比べ鼻先が丸くなる。秋から春にかけては、水深400〜500mといった深海の岩場におり、夏には100〜200m程度の浅い場所に移る。

食べ方
肉は薄いオレンジ色で、脂肪が多く美味。刺身や塩焼き、煮付け、粕漬けなどの料理に利用される。漁獲量は少なく、小型の物が中心。1mを超えるような大物に出会うことはまれ。

栄養
肝臓と卵巣には毒性があり、致命的ではないものの食べると中毒するので注意が必要。 筋肉にはビタミンが含まれており、白身でヘルシーな食材です。脂質が少ないのでダイエットにも適しています。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331