トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
チカ チカ

ワカサギに似ていますが、腹びれの付け根の前端が、ワカサギより後ろにあります。春に河口付近の海岸の浅瀬に産卵します。冬の魚で、チカ釣りのため防寒具に身を包んだ釣り人たちが、岸壁や氷上で釣りをする様子は厳冬の風物詩にもなっています。

食べ方
北海道で食べる子持ちが美味しいといわれます。ワカサギと称して輸入品が店頭に並ぶこともあります。味は淡泊で、天ぷらやフライなど揚げ物で賞味します。また、南蛮漬けや焼き魚、つくだ煮にしても美味しいです。

栄養
チカはカルシウム、鉄分が豊富に含まれています。ビタミンEやセレンも含まれれおり、老化防止などに効果的といわれます。佃煮などで骨ごと食べると内臓のビタミンDやカルシウムがバランス良く摂取できます。

spacer
spacer
spacer
コマイ(氷下魚) コマイ(氷下魚)

スケトウダラに似ていますが、鼻先が丸く下あごより前に出ています。また、マダラの若いものとも似ていますが、ひげが短く、腹びれと前のしりびれとの距離が、マダラより短いです。北海道の根室などで、冬に海氷に穴をあけて釣るコマイは有名です。

食べ方
ごく新鮮なものはルイベ(凍った刺身)で美味です。練り製品の材料にもされます。産地以外では、生鮮品の流通漁が少ないです。素朴な味わいの堅い干物が有名です。

栄養
コマイは良質なタンパク質で、グルタミン酸、グリシンなどのアミノ酸が含まれています。また、ビタミンAが豊富に含まれています。

spacer
spacer
spacer
ナンヨウキンメ(南洋金目) ナンヨウキンメ(南洋金目)

キンメダイに似ていますが、本種の方が背が丸く、体高があるのでより平たく見え、「ヒラキンメ」と呼ばれます。背びれの付け根の長さは、キンメダイよりも長いです。また、うろこが大きく世界の海には幾つかの近縁種がいます。

食べ方
キンメダイに比べると脂肪が少ないですが、刺身にすると上品な白身でなかなか美味しいです。また、煮物や焼き魚にして食べます。干物の原料として人気があります。

栄養
ナンヨウキンメは糖質をエネルギーに代える働きをするビタミンB1が比較的多く含まれています。更に疲れのもとになる乳酸を分解する作用があるので疲労回復やストレスに効果があります。

spacer
spacer
spacer
ハシキンメ(橋金目) ハシキンメ(橋金目)

日本近海では本州中部から九州にかけて獲れます。キンメダイに似ていますが、鼻先が詰まったユーモラスな顔です。背びれは尾の近くまで続き、腹びれとしりびれの間にとげが並んでいます。腹の方は白銀色。よく似た近縁種にヒウチダイがありますが、市場ではほとんど区別しません。

食べ方
キンメダイ目の深海魚が白身が多いですが、本種はやや赤味がかっています。身が締まっており、刺身や寿司だねとして人気があります。さっぱりした中に旨みがあり、白身本来の味わいを楽しめます。

栄養
ハシキンメは糖質をエネルギーに代える働きをするビタミンB1が比較的多く含まれています。更に疲れのもとになる乳酸を分解する作用があるので疲労回復やストレスに効果があります。

spacer
spacer
spacer
コショウダイ(胡椒鯛) コショウダイ(胡椒鯛)

体形はタイ類に似ていますがイサキの仲間です。体表の色は青灰色で、顔と背に斜めの黒い帯が3本あります。また、背びれから尾びれにかけて不規則な黒点が多数あります。コショウダイ類の養魚は、成魚と異なった色をしていることで知られます。本種の場合、3cmまでは全身が黒く、胸びれと尾びれが白です。

食べ方
小さくれも大きくても共に美味しい魚ですが、漁獲量はそう多くありません。新鮮なものは刺身にすると身の締まりが良く、美味しいです。また、塩焼きや揚げ物、煮付けやムニエルなど様々な調理を楽しめる魚です。

栄養
ビタミンAが豊富に含まれており、体の発育成長などに役立ちます。白身魚ですが脂肪含量は多いです。しかし、良質の不飽和脂肪酸が多くEPAやDHAなどが含まれており、成人病予防の働きが高いです。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331