トップ 行事案内 お魚雑学 お魚マップ 会社概要
アカムツ(赤睦) アカムツ(赤睦)

分類的にはムツよりスズキに近い仲間です。目は大きく、犬歯を持っており、口の中(ノド)が黒いため北陸などでは「咽黒(ノドグロ)」と呼ばれています。

食べ方
味もムツに負けず劣らず美味で、人によってはこちらのほうが旨いともいわれます。煮付けにすると大変美味しい魚です。他にも塩焼きや刺身、蒸しもの、魚すきなどでも大変美味な高級魚です。干物などに加工しても絶品です。

栄養
アカムツは、脂質含有量が多く、マグロのトロにも匹敵するほどです。また、脂溶性ビタミンのAとDの栄養効果が期待できます。

spacer
spacer
spacer
ハマダイ(浜鯛) ハマダイ(浜鯛)

ハマダイは太平洋中西部からインド洋の温暖な海域に生息し、日本では本州中部以南、沖合の水深200mといった深い場所にすみます。尾びれの上下が長く伸び、背は鮮やかな紅色で体側や腹は薄紅色です。

食べ方
美味な白身の高級魚で、刺身や椀だねとして賞味されます。全国的な流通量は少ないですが、九州南部や沖縄、八丈島などではよく用いられます。

栄養
ハマダイに含まれる脂質にはDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)等の高度不飽和脂質酸が含まれています。

spacer
spacer
spacer
マカジキ(真旗魚) マカジキ(真旗魚)

口先が嘴くちばし状に突き出し、特にあごは槍のように長く伸びています。体は細長く左右にやや扁平です。一般にカジキ類の全身像を実物で見る機会は少なく、卸売り市場に入荷するものでも立派な槍と尾は切り落とされています。

食べ方
マカジキの身はとても鮮やかな朱色で、時間がたっても変化しません。とても美味しい高級魚で、刺身や寿司だねに利用されます。漁獲量も少なく、良質なものはとても高価です。油と相性が良いので、フライやムニエルなどに利用されます。

栄養
マカジキには八種類の必須アミノ酸を含む良質のタンパク質が、豊富に含まれています。また、ビタミンDやナイアシン、カリウムなどが含まれており、高血圧の予防などに効果的です。

spacer
spacer
spacer
ミナミマグロ(南鮪) ミナミマグロ(南鮪)

クロマグロに似ていますが、丸みが強くメバチに似た体型です。個体によって違いますが、肉は赤身が強く、脂肪の多い白い部分と脂肪の少ない赤い部分との境がはっきり見えます。世界の海を泳ぐミナミマグロはすべてオーストラリア北西海域で生まれたものだといいます。

食べ方
クロマグロに次いで美味です。脂肪が多く、価格も手頃なことから歓迎され、大量に消費されています。刺身や寿司だねなどによく利用されます。

栄養
ミナミマグロは栄養が豊富で、エイコペンタエン酸・タウリン・セレンがバランス良く含まれており、コレステロールを下げたり、動脈硬化を防ぐ効果があります。

spacer
spacer
spacer
ウスバハギ(薄葉剥) ウスバハギ(薄葉剥)

ウマヅラハギに似ていますが、背びれとしりびれは山形にならず、しりびれの上下は角ばっています。体側には暗色の点が散在します。くらし方はカワハギに似ていますが、やや沖合に多いです。

食べ方
特に秋〜冬に旨いとされ、ちりなべは逸品です。漁獲量は多くありません。新鮮なものは刺身など造りにされます。焼き物や揚げ物、蒸し物にしても美味しいです。また、肝も濃厚な味でカワハギに劣りません。

栄養
ウスバハギはビタミンD3を含有しており、骨形成を促進しくる病の予防に役立ちます。血圧を正常に保つ、コレステロール低下などに効用があるタウリンを多く含有しています。ドコサヘキサエン酸、イコサペンタエン酸を含有しています。

spacer
spacer
spacer
地方卸売市場 中津魚市株式会社
〒871-0059 大分県中津市外馬場2618 TEL.(0979)22-1330 FAX.(0979)24-1331